最近よく聞いてますよ❣️

ラジオを

特に音の良い優秀なラジオには

様々なジャンルの音楽と情報が詰め込まれて

生活を豊かにしている

手間が中国製のステレオラジオ

もちろんBTスピーカー兼用

リチウム充電

MicroSDのmp3再生(MP3ならプロテクトなしでCDをコピーできるから)

AM、FM対応だが

両方共

アンテナに左右されるのだが

AMはフェライトバーアンテナを内蔵しなければならないので

スペースの関係でほとんど

お情け程度のもの

ところがどっこい

後ろのSONYが2017頃

発売していたのを知り

以前国内メーカーは劣っているなんて言ってしまったのを

恥じている

形のイメージが全く頭になく

見逃していたのです

但し2万円台と言う価格から

手前の2000円台とは

価格が雲泥の差

しかしSONYのチャレンジを調べたくて

中古で半額以下で手に入れる

結論から言わせてもらうと

エクセレントです❣️

AMも手抜きなし

BTスピーカーとして

低音から高音までほぼ満足

聞きやすい

中古なので上半分がウッド調パネルに傷

ブルーツースが繋がらず焦る

そう言う時は

初期設定に戻せるシステムになっているので

すぐに初期設定にしたらすんなり繋がる

どうも大阪地域で使っていたらしい

SONYのシステムはさすがにソフトの作りが素晴らしい

東京設定に直したら

受信放送局名まで出てくる

もちろんFM局全部受信できる

もちろんここは木造ボロ屋なので

ノイズはアンテナ調節でほとんど聞こえない

補完放送の文化放送、ニッポン放送も綺麗に入る

しかもステレオで

下半分がバスレフ付きスピーカー2台(4センチ)が

右と左の隅にやや斜め上向で配置され低音バスレフは

前面ではなく底に抜けるようにして

重低音を担当している

バスレフの調節もさすがです

高音、低音操作上面のパネルで操作

解説書読まずに操作できたけれど

パソコンに縁のないシルバーには難しいかも

頻繁に聞くチャンネルは5個手前の数字に

その他はチャンネル名選択に切り替えてから、一手間かかる

手前の中国製は10局OK

右スピーカーが透けて見える

左スピーカーが透けて見える

バスレフのダクトは中央からボックスの底に出している

同じようなものをPanasonicも出しているが

スピーカーは一台だけ正面についているだけ

立体感ある音響はさすがです

1番感心したのは

電源ボタンが待機にしておけるので

iPad側から繋げば直ぐにブルツース音楽を楽しめることだ!(わざわざこのボックスまで行って

電源を入れる必要なし)

それは常時電源接続できてるからだ(その間充電もされる仕組み)

本来はリモコン付きでないとできないのだが

もちろん常時時間表示もできるし

スリープも目覚ましも

とにかく必要なものはソフトに全て網羅されている

そこはパソコンメーカーの総合力

音響もクラシックからジャズまで

自分の好みに調整できる

汎用性に脱帽です

ハード的に問題があればリセットボタンが付いている

因みに出力は2.5Wづつ合計5W

手前の中国製も同じくらい

そこそこ低音も出ているのは驚いた

これもスピーカーの上方にダクトが開いている

デジタルアンプと高性能スピーカーの進化は想像以上です

それ故

Radio Day!は続く

タイミング良く

NHK第一で生放送されます

【出演日】2020年2月6日(木)

【放送時間】夜9:05~生放送

【出演番組名】『中山秀征のクイズイマジネーター』

【番組URL】https://www4.nhk.or.jp/imaginator/

ネットとラジオの組み合わせが主流に

双方向時代なのだ!

そうなると

オリンピック生中継も

期待できるNHK

スマホでテレビ見るよりずっと安全なラジオ

見直そうRadio Day!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。