宮本美季さんの歌唱力に唖然!

只今の八王子の温度18度

寒い〜!

めったに見ることのない

「カラオケバトル!」

100点満点が3人も出る

3人が優勝という結末に

唖然!!!

中でも次元の違う歌声の持ち主に出会って

鳥肌!!!

音程は確実でありながら

人を魅了する表現力

教科書的な歌いではなく

ソウルフルであり

遊びがある

唇の厚さと大きな口

シッカリエラの張った顔

ファルセットの美しさ

宮本美季さん

初めて聴くボーカルの奥深さに

調べまくる

アップルミュージックにアルバム2枚発見!

ジャズシンガーとしての才能に満ち溢れている

ピアノの腕も確か

4歳からクラシックピアノ

お父さんが趣味でトランペットを続けているところは

森山良子さんみたいな環境

吉祥寺女子校の音楽科

ボストンのバークレイ音楽院卒業

声楽科を二年半で卒業

最優秀賞のお墨付きという経歴に

ビックリ!

ヤッパリ!

自信に満ち溢れた歌声

それが災いして

鼻に付くテクニックに走るところを直せば

もっと深みのあるジャズシンガーになれるだろう!

ミュージカルもこなしているところを見れば

自分のスタイルを模索している段階と見る

カラオケバトルに出るようなシンガーではない

でも出なければ、私も気がつかなかった

才能は埋もれたままでは、惜しいと

そう思わせるシンガーに出会えた

アルバムには、アコースティック楽器をバックに歌った

「Miki Miyamoto」を聞いて納得

幅広い表現力の持ち主

ゴスペルをベースにしているように見える

日本のマヘリヤジャクソン発見!

この若さで!

と言っても1983年生まれ

充分熟成している

ステーキより

お茶ずけ好きな日本人に受け入れられるだろうか?

宮本美季さんの今後に目を離せない

色彩の乱舞

今日は定休日

のんびりゆっくり

冷凍ヒレ肉を油でヒレカツにして

キャベツたっぷり

美味しくいただきました。

昨日の羽生君の演技の感動がまだ冷めやらぬ中

iPadProで購入した写真集

  
美しい庭の配色を想像しながら、

展開される花々

  
横にしても良し

縦にすれば圧倒的に広がる色彩の乱舞

スゲ〜〜!心震えるとはこのことだ!

  
紙の写真集よさようなら!

わずか700グラムに何冊積めようか!

素晴らしい!

すべてクリックしてみて欲しい

こんなに素晴らしい写真集が知られていないなんて哀しい

 

  
 本で買うと2500円くらいするものが1500円で手に入る

各種雑誌や写真集用にiPadProを買うだけでも

あなたの人生は豊かになる

小説はモノクロの超軽量のやつに任せ

カラーはiPadProに任せよう

本当に次元が違う世界を見せてくれる 

    
   
    
     
 
資源の節約になるし

こう言った写真集がどんどんデジタル化されて欲しい!

iPadProが普及すれば

写真集がどんどん売れるでしょう

吉谷桂子さんの作品です

その素晴らしさを知らない人はかわいそう

もちろんバックグラウンドミュージックは

今日はショパンをジャズアレンジで

  
ヨーロピアンジャズ トリオをお勧め

Apple Musicで好きなだけ聴ける
エンジョイ ライフ!

女性のためのジャズ

IMG_4174.PNG

パパおやすみ!
小5までこの写真のように交わしていたなー!
スタンゲッツのテナーが
スタンダード曲を
親子の愛で包み込む
豪放磊落なソニーロリンズと違って
ビロードのような音色で奏でる
人生のぬくもりを感じたければ
あなたもいかがですか
おやすみのキッスを

男と女の本能の違い

男は狩りに出る

女は家を守る

それぞれのDNAが人類の創世記から刻まれる

JAZZのアドリブは

男が臨機応変に生き残るための自己主張

所詮アドリブの効かない女性社会

だからジャズ好きの女性は少ない

ジャズ好きの女性に会うことは少ない

その数が増えれば

女性首相の登場は早いかも

あの小渕さん

JAZZは聞かないだろうな

アドリブは決して

フリージャズのように

全く自由ではない

テーマのコード進行の中で

自由に表現、遊ぶこと

クラシック愛好家に少ない柔軟性

まるで公務員のようだ

私の弟は、市役所部長で

退職金がっぽりもらって定年退職

つまらない余生を送っている

「兄貴はいいよな!自由で」

お前が選んだ道

40代後半までおふくろにしがみつく人生

「マザコンの塊」

嫁の実家から決めつけられる。

アドリブの効かないやつだな!

そういうお前に成りたくなくて

大学在学中から

俺は一人暮らし。

子供の将来まで過剰に心配する

また同じ人間を作るのか

自分に投資したら!

息子を男にしたら!

大学、就職まで過剰に心配してどうするの!

自分の道は自分で選ばせろ!

生きる力を教えることが

親父の務め!

妹の方が逞しい

男を踏み台にしても

立ち上がれる

ご時世じゃ!

秋の夜長にジャズを

学生時代LPの輸入版を、バイトしては買いあさり
その後もCDを収集すること何枚だろう
iPod登場と共に、デジタル化して持ち運ぶ。
スピーカーにも凝って、自作スピーカーを
御茶ノ水の中大、父の事務所のすぐそばに
秋葉原電気街が
箱からスピーカーまで
好みの音を創り出す。

法学部なのに、中学から染まった音楽の世界
ブラスバンド仲間とモダンジャズを研究し
学園祭で発表する。
記念すべきアルバムが
デイブブルーベックの「テイクファイブ」
4分の5拍子という変則拍子
三拍子と二拍子の組み合わせ
バンド名は6人いたので
テイクシックス
アートブレーキーの「危険な関係のブルース」
「ハーレムノクターン」などにチャレンジ

The Dave Brubeck Quartet「Time Out」
https://itun.es/jp/ibFMs

IMG_4173.PNG

数多くのジャズレコードの中で
たった一枚選べと言われたら
やっぱりこれかな!
ビルエバンスの「ワルツフォーデビー」
私の葬儀にはこのアルバムの
「マイフーリシュハート」をかけてもらいたい
ビルエバンスは亡くなるまで
聴き続けたジャズピアニスト
そして何より痺れたのが
スコットラフェロのベースに
引き込まれる
絶妙なインタープレイ
エバンスを支えながら
JAZZベースの美しさを
極限まで引き出している
確かラフェロは、この録音の後
11日後に交通事故で亡くなる。
二人のインタープレイは
もっともっと聞いていたかった。

JAZZの初心者にもオススメな一枚
アイチューンストアーでたったの700円とは
ご時世じゃ!

秋の夜長に

水割りウイスキー片手に

ワイン片手に

コーヒー片手に

あなたもいかがですか!

私は飲めないので

コーヒーかな

Bill Evans Trio「Waltz for Debby」
https://itun.es/jp/

IMG_4172.PNG

ラフェロのベースを再生できる
スピーカーをお持ちですか?
この痺れるような重低音の味を
お楽しみ下さい