シンクロの母

64歳で中国から日本に復帰

その後イギリスチームをコーチしていたようだが

ロンドンオリンピックの後イギリスが強化対象から

シンクロを外す

そのおかげか?

メダルから遠ざかった日本のシンクロ界に舞い戻ってくれる

やはり指導者のノウハウは、経験に裏打ちされた無形財産だ

団体競技は指導者が絶対

そこには民主主義なんて存在しない

練習や本番を離れれば、良き友達、良き母的な存在ではあっても

井村コーチは、そこの住み分けを徹底しているはず

指導に従えないものは、辞めるしかない世界

今回の世界選手権に向かって

厳しい鞭が放たれる

2名の選手が代表を辞退する

やっぱり!

近代スポーツになるためには

井村コーチは外されるのかもしれない

それでも結果を中国、イギリスで残してくる

今回の世界選手権でもメダルを取り戻す

64歳で私生活をなげうって打ち込む姿に

励まされる

すごい人だ!

でも井村時代は確実に終わりつつあることを感じてもいる

プロとして成り立ちにくいシンクロの宿命なのかも

女子サッカーしかり

「病は前からやってこない。後ろから突然やってくる」

脳卒中の患者さんは

130万人を超えるそうだ!

デイサービスに来ているおばあちゃんに

「なんでこんなに足の不自由の方が多いのかしら?」

そんな声を聞くたびに

心の中は

何も好んでなったわけじゃないと言いたくなる

私の家系のおじいちゃん達みんな脳出血で還らぬ人に

酒もタバコもやらず運動も欠かさず頑張ってきても

DNAの脅威には勝てない

そんな世の中の目線を気にする余裕なんてありはしない

でもだんだん機能が復活するにつれ

世の中の偏見に痛い視線を感じる

「病は前からやってこない。後ろから突然に」

そう言って話しかけた隣の奥さん

「実は私も子宮癌を全摘したばかり」

髪の毛がカツラであることを見せてくれる

苦悩の跡がうかがわれる

放射線治療の真っ只中

食欲ないので

クレープを食べたくてやって来る

美味しい桃が1ケース手に入り

早速 激励の桃を届ける

垣根越しに

毎日戦ってる姿に

逆に励まされる

頑張れ同志よ!

大器晩成

今朝1通のメールが届く!

お父さんへ
今は東京にいます!
明日時間がありますから
お父さんに会いに行きませんか?

ワンちゃんより

このおかしなメールから直ぐにわかる!

台湾のワンちゃん

あれから台湾の大学の日本語科に所属する

2年前のある夏の日

テレビ戦隊ものを見て

私の店に台湾からやって来る

テレビ放映始まった夏休み

北は北海道、南は九州からのお客様が大挙到来!

特に台湾からの押し寄せるキョリュウジャーファンの熱い視線を浴びる

まだ放映されてないのに

4.5人の団体がお土産持って

どうしたの?

中国経由で海賊版が台湾に流れ込む

戦隊オタクと言えるのだろうか?

近所の子供達が

チョコレートを持って「ソウジ君にあげてください」

「ソウジ君は朝からデーボス軍と戦うために出かけているよ!」

可愛い子供達に答えるのと違って

なんて言えばいいのか?

社会人を始め、同世代の大学生や高校生はどこに興味があるのだろうか?

いつも困る

台湾からのワンちゃんもその一人

今日も会ってみて確かに感じるものを確信する

それは競争意識はもちろんのこと

自分に押し寄せる壁を一緒に乗り越える力や光を

見つけに来るのだということ

悲しいこと、苦しいこと、辛いこと

誰もがぶつかる壁をなんとか乗り越える光を見つけたいのだ!

迷い、ぶつかり、弾かれても

頑張り抜くソウジの姿

三条さんの脚本に刷り込められた希望の光なんだ

大阪の最終公演の楽屋裏で待っていてくれた三条さんbt

何人かで手分けする脚本を

三条さん一人で書き上げる

1年半に渡る壮大なドラマに込められたメッセージ

時を超え、国境を越え、年齢を超え、性別を超え

ブレのない素晴らしい叙事詩が人々の胸に突き刺さる

太秦の舞台の観客席の隣に座っていた三条さん(前半終わったドラマでこれからも宜しくと言ってくれた優しさ)

大阪公演最終日の楽屋裏でも待っていてくれて、温かく私を励ましてくれる三条さんの心を感じた時も

今日も台湾のワンちゃんとハグして別れた時も

これから待ち受けてる試練を「一緒に乗り越えていきましょう」

同じ気持ちになっている

恐れずに共に乗り越えようと

力強いエールをいただく!

それに応えようと俳優になった息子と共に

役に生きて俳優の生き様と役所が一体になって

光り輝く奇跡の瞬間は一生に一回なのかもしれない!

それでもその奇跡の瞬間を再現するために

どんなドラマもどんな映画もどんな舞台も

挑み続ける試練を自分に課すことが

俳優の使命なんだということを

毎日言い聞かせている息子を通して

大いなる勇気をもらっている

18歳の娘を送り出した

ワンちゃんのお父さんは裁判官

お母さんは弁護士







本日お休みします

朝から体調不良で

パートナーが休む

軟弱な子供達

昔の私なら

もう来なくていいよ!

そう言ってただろう?!

32年間働いて働いて

何残した?

家も財産も何も残せない

バカバカしい

稼げる健康と時間があれば

それで良い

この暑さでもやって来たお客様には

申し訳ないが

32年やって来たんだから

許して!

クレープがなくたって生きていける

それでも食べたい人が来る

朝から到着した高圧圧縮機を組み立て

不自由な片麻痺でこの作業は

地獄だが

やれるときにやらないと

表の看板を洗浄機で洗う

物凄い勢い

テントが破れそう!

でもこのテント32年の風雪に耐え

良くここまで保ったな

ご苦労様

飛ばされそうな圧縮機のノズルを持って

なんとか清掃終わる

生まれ変わった!

3時間かけて、なんとか終わる

熱中症一歩手前

早速静岡のお母さんから頂いた梅干しで

アルコール度1パーセントのハイチュウに

梅干しを入れる

  
この梅酢も一級品!

  
これで明日から頑張れる

沼津の母はいつまでも少女の心

写真一緒に撮ろうと抱き寄せると

 
「高いわよ!」

続編 狩野川旅情

意気軒昂なお母様の朝ごはんにありつく

うまい!

焼魚に味噌汁

自家製梅干しが

食欲を刺激する

  

結婚5年でご主人は還らぬ人に

そこから教員をやりながら

息子二人を育てる

兄は理科の先生

弟は浦和レッズのホームページ制作を十数年

今は独立してIT関連の仕事を模索中

家も土地もあって

うるさい父親もいない半生

最初の出会いから、脇の甘さを感じる

私の障害から見るともったいないと思えども

これはこれで持ち味だ

頭でっかちは残っているが

変わろうとする姿勢を感じて

嬉しくなる

もう直ぐ私の世界に近ずく

このまま独身でも

残せることはあるはずだ

振り返っていても進まない

友よ!

そろそろ立ち上がろう

頭で計算するな

身体で考えろ

   
     
雪無しの

      富士に変わりし

                    母の髪

  
見下ろしていても始まらない

下に降りて

釣竿を投げ入れよう!