鳥の歌

鳥の歌

昨日のゲネプロに続き
ふたたび紀伊国屋ホールへ

朝から雨降りしきる中

タクシーを待つ

片麻痺で傘を持つのは

杖を持っている人は大変

傘がステッキに付いている
便利なイギリス製の傘
さすが紳士の国
傘にしか見えないが
先がゴムになって
軽くて強度がある
つえ兼用傘の出番!
新宿南口でタクシーを待つ
すぐ来ると思い
傘もささず待つ
前の人で
タクシーが途切れる

折角の便利な傘を持ったのに

濡れてしまう

後で気がつく

紀伊国屋ホールは
地下道で繋がっている

タクシー必要なし

肝心の舞台は

ゲネの時より

声の張り
間の取り方
お笑いの掴み
ダンスシーン
共演者との呼吸
ベテラン俳優たちに支えられ
真っ直ぐな純平を
見事に演じきる

真っ直ぐに真っ直ぐに真っ直ぐに
生きて〜

幻覚の中
母親との再会シーン

「ありがとう!母ちゃん!」

しっかり母親を抱きしめる
純平!

ここまで我慢していた
涙が一気に溢れる

周りでもすすり泣く声が聞こえる
隣の年配の方も
嗚咽を抑えている

別れを告げ
うおーーーーーーーーーーーー!!!
鉄砲玉となり
敵の親分に銃口を向ける

パーーーーーン
ピストルの乾いた音がビルの谷間に響く

暗転

振っきれた純平が何かをつかんだように

純平の魂は

あの空へ鳥になって飛んで行ったのかもしれない

自由になって

伝説のチェロリスト
パブロカザルスの「鳥の歌」が

私の心臓の奥で鳴っていた

もがき苦しんだ後に

すべてから解放される

純平は、きっと鳥になったんだ

IMG_7657.JPG

カーテンコールに
全出演者から
暖かい拍手に迎えられ
中央から登場した君は
きらきら輝く
透明な滴を目にためていた
まっすぐにまっすぐに
この道を選んできた君
その滴こそ
最高のオスカー

心からおめでとうを

IMG_7708-0.JPG

IMG_4498.JPG

森の精を探して

森の精を探して

森の精が
呼んでいる

「頑張って」

「ここまで来なさい」

「希望を見せよう」

そんな呼び声が聞こえる

6万坪の白金大地

奥深く

奥深く

誘われ

歩く

歩く

行く手に

大蛇が待っていようと

IMG_7567.JPG

進め

進め

とうとう

森の精が潜む

池のほとり

IMG_7561.JPG

きっとここにいる

あなたには見えますか?

IMG_7560.JPG

小さい秋みーつけた!その二

アザミの花びらの先
白い結晶が

IMG_7552-0.JPG
やがて
綿毛になる

IMG_7529.JPG
なんとも切ない
そっと自分の頭を撫でる
同じだなー!

IMG_7504.JPG

印象的なシーンが
左に枯れすすき
池の前で
お弁当を食べるご夫婦
旦那さんの頭も
枯れすすき

いや!
旦那さんまだ若い
抗がん剤の副作用かも
二人の間に流れる
優しい時の流れ
なんだか
胸が熱くなる
向こうに見える
橋を見ながら
向かい合い
何を語っているのだろうか
一緒に渡ってきた橋

次に渡るときは
1人かもしれない

家族で渡った

あの橋の思い出

人生の橋

最後はみんな1人

だからこそ

今を大切に

IMG_7526.JPG

IMG_7495.JPG

IMG_7518.JPG

小さい秋見ーつけた!

紅葉を探しに自然教育園に出かける
片麻痺の私にとって
出かけるというほど簡単なことではない

命がけの冒険旅行の覚悟は必要

目黒駅歩いてすぐのところでも
帰りはタクシーがつかまらなくて
テクテク歩いて帰る
健常者なら7.8分でも
私には3倍かかる

第一関門は目黒駅
何時ものように
階段を降りると
そこは地下鉄通路
上に出口がある
健常者でも間違える

国立科学博物館附属 自然教育園が正式名
隣の庭園美術館を遥かに凌ぐ広さ
健常者でもぐったりする広さ
6万坪の庭園なのだ!
紅葉を求めて歩き始める
さすがにアップダウンがあるところでは
休憩を入れながらの徘徊
ここの紅葉は、やはり12月上旬から
覚悟の上

IMG_7482.JPG
小さい秋見ーつけた!

池に映る紅葉目当てに
やっとたどり着く
期待はずれ!

IMG_7464.JPG

IMG_7463.JPG

スープにランチを食べるカップル

枯れすすきとご主人の頭のハーモニー

向き合う角度に

二人の愛の深さが

よく見ると

ご主人は若い

ひょっとして

抗がん剤の影響か?

なんだかジーンとくる

二人だけにわかる

人生模様

羨ましい!

次は弁当持参で紅葉を見ながら

二人で

IMG_7437.JPG

この鴨!潜水能力は半端ない
長い時間潜って
出てくるところは予想つかない
両生類の名残か?
クチバシはブルー
鋭い目つき
祖先が見える

さすが古代から続くこの白金台地

この古木にも歴史が覗く

IMG_7445.JPG

IMG_7451.JPG

とにかく歩く歩く
やっとこさ発見!

IMG_7449.JPG

IMG_7450.JPG

つづく

遺作「あなたへ」

健さんの遺作となった
2012年「あなたへ」は、なんだかそんな気がして
足を引きずりながらでもみておこう!
なんとしても目に焼き付けておきたくて
ムービックス橋本へ

俳優を志す息子を誘う
いつもは
映画館に一緒に行っても
別の映画を見るようになっていた息子
その時はなぜか
一緒に見てくれる

ロードショーの大画面

健さんの背中は、何故か寂しそう

その時すでに

健さんは前立腺がんの宣告を受けている

覚悟の作品なのかもしれない

その想いは的中

等身大の健さんがそこに

「ポッポヤ」と同じ降籏監督

ビートたけし、草薙剛の脇役陣に

期待するも

終わって息子の顔を覗く

がっかりしたような顔

話が盛り上がらない

脇役の大切さ

「幸せの黄色いハンカチ」の
武田鉄矢、桃井かおり

「ポッポヤ」の広末涼子

「あなたへ」の大滝秀治さん

「久しぶりにきれいな海を見た」

という大滝秀治さんのセリフ

いつまでも脳裏に焼きつく

大滝秀治さんにとっても

遺作となる

今週23日日曜日夜9時
追悼番組として放映決定!
あなたの感想を聞いてみたい

健さんに会える
もう一度観たい!