ボケから始まりボケで終わる

人生のことではなく

カメラの始まり

カメラ歴60年

バカチョンから一眼まで

その遍歴は自分でも驚く

でもここで集約されるのは

ボケ!

海外でも使われているボケと言う単語

被写界深度を深くすれば

手前から奥までピントがあって楽なんだが

何を狙ったのかわからない画像が出てくるので

つまらない

ボケが大切なのはカメラマンが狙ったテーマがはっきりするから面白いし

美しい画像を生み出せる

例えば

ポートレートも背景にボケを生かせれば

このような写真が撮れる

モデルが引き立つ!

そのためには

レンズが明るい方がよくボケる

あとセンサーが大きい方が良いとされるが

それは望遠効果と同じような事からボケているので

光学系のボケとは違う

決め手はレンズのF値が少ない方が良いのである

PowerShot Gw1 X Mark IIIはセンサーが大きいけれど

広角24ミリでF2.8

LX100はF1.7という驚異的な明るさ

望遠75ミリでもF2.8なのでよくボケる

方やGw1 X Mark IIIは72ミリでF5.6とかなり暗い

これはボケを重視する人にはかなりのネックに違いない

特にマクロでの効果も見逃せない

美しくボケた花の写真に私が感動するのは

マクロのボケの配色や滑らかなボケの広がりが

決め手になっている

Gw1 X Mark IIIはマクロが10センチ

方やLX100は3センチと言う驚異の数値

暗いところでもF1.7のおかげで綺麗にボケる

素晴らしいの一言

その代わり

両方とも電源切っても、レンズカバーが出ない!

まだLX100はオートレンズカバーを付けられる(別売とは)

コンパクトにするため犠牲も出る!

ライカでレンズを明るくすると

こんなにでかいのだ!笑

やっとこさPowerShot Gw1 X Mark IIIレビューが出て来始めて

過大な評価は見られない

結構地味な反応で、わかるような気がする

私のLX100と同じくらいの重さにすることに集中させるあまり

明るいレンズは後回し

何より自社のセンサーに変えることが大きな目的と見る

ソニーに頼りたくないだろうな!?

このカメラでおろそかになっているのは

4K動画が撮れないと言うマイナス点が大きいと思う

LX100は3年前から実現しているのだと言うのに

ビーナスエンジンは流石!

AFも爆速だし、連写もPowerShot Gw1 X Mark IIIの9枚に対して11枚と言うエンジンだからこそ

可能な4K動画!

LX100は怪物だ!

この怪物の4K動画をご覧あれ!!!

大阪梅田ブラリ

https://youtu.be/y28luOsDBnM

トスカーナへ行きたい

足が使えれば

行って見たいところは何箇所かあるけれど

特にトスカーナは

レンタカーを借りて行って見たい

この音楽を聴いていたら

全部オリジナルなんだけれど

ビルエバンスを超える印象派的演奏

聴いていたらトスカーナの風景が浮かんで来る!

早速アマゾンで探ると

ありました!

美しいKindle本なので紹介します

レンタカーで訪ねた人が撮影した

見事な情景

写真からメロディーが流れてくるようだ!

無性に行きたくなる!!!

リリシズム溢れるトリオの演奏に引き込まれる

500円で行った気になれる

素晴らしい情景の数々

是非あなたのiPadの中で旅行をして見ませんか

お好きな音楽とともに

まだまだ素晴らしい写真がたっぷりあります

写真をダブルクリックすると画面いっぱいに広がる仕組み!

LUMIX DMC-LX100 レビューその二

モードダイヤルがないからイヤという人は

このカメラに向かないという人がいるだろうが

それは間違っている

レンズの絞りと軍艦部のシャッタースピードの関係が一目瞭然

両方オートにしておけば、モードのオートになるし

シャッターを動かせば、シャッター優先モードになり

絞りを動かせば絞り優先に

相関関係を常に目にできる

もし迷えば手前にあるiAボタンを押せば

瞬時にインテリジェントモードに

シャッターチャンスを逃しそうな時は

このボタンを押せば良い実に簡単だ!

モードダイヤルがカメラの基本を忘れさせてしまう!

ライカはこの関係を大切にする

フジフィルもそうだ!

もう一つのボタンが優れている

フィルターボタンがそれだ!

モノクロでも色調を細かく調整して登録できる

デジカメである以上自由自在に色調を変えたい

でも昔からのアナログ重視派であれば、いじりたくない人もいるだろう

しかしカメラメーカーによって色調が違うことを知れば

自分の好みに調整できれば

ライカの色味が好きな私にとって

ライカに近づければ言うことなし

でもキャノンの記憶色重視の作りと

ニコンの透明感重視の絵作りの両方ができるのは

被写体によって変えられるという利点がある

人肌や桜の色を出したければキャノンよりに

歴史的建築物や歴史を感じさせる

深みの色はライカ寄りにすると

落ち着いた色味の中に

人間の営みを格調高く切り取ることができる

このカメラはライカレンズを積み

ライカと提携してるだけあって

ライカ色が根底にあるような気がする

「ベニス」を撮った4K動画を見ていただきたい

私だけだろうか!

https://youtu.be/ICILmOm0Icw

このカメラの力は

3840×2160(4K)を一秒間に30フレーム動かす所だ!

だから4Kで動画を撮っておけば

4Kフォトとして切り出せるという

新しい撮影法ができる

ヨコハマの夕暮れの4k画像をご覧あれ!

ものすごい描写力に驚く

横浜夕暮れ

https://youtu.be/tPjHASCE3Ro

フィルターのイロイロ

結構今までやっていたようなことを

ワンタッチでできてしまう

すごい時代だ!

電源ボタンが毎度のことだが

押しボタンでない(黄色の場所)のが

キャノンになれた人間には扱いにくいだろう!

狭い場所にあるので

余計にやりにくい!

これも慣れだろうが!

でも前もLUMIX使っていたのだけれど!?

星野監督  突然の訃報 ! 星野国へ

星野監督のご冥福を

              心よりお祈りいたします

享年70歳



明治大学時代から、ずっと追い続けていました

生意気なやつから尊敬すべき巨匠へと変わっていきました

中日ファンの時代から野村監督とは正反対の指導法に

最初は違和感を持っていましたが

アンチ巨人の精神は同じでした

シリーズで優勝できなくとも

巨人を蹴落としてリーグで優勝すれば

私も満足でした

楽天時代に成し遂げた闘将の精神は

落ち込んだ東北を元気にしてくれました

日本シリーズ優勝!!

あの時の楽天は、神がかっていました

星野監督の魅力にはまり、私の人生を左右するくらいに

のめり込みました

ガンで苦しんでいるにもかかわらず

野球の殿堂入りの記念パーティーに出席していたのはついこの間

燃え尽きるように

この世を去って行きました

星野国へ 旅立って行ったのです

奥さんの元へ

本当に本当にありがとう!

私も近いうちに星野国へ参ります

キャッチボールやってくれますか?


合掌




小嶺監督に思う!

確か私と同じくらいのお年(72歳)

国見高校時代

華麗なパスサッカーで

私が住んでいた街

埼玉の市立浦和や浦和南と決勝で激突!

いつの時代も華麗なパスサッカーは、見ていて楽しい!

それはjリーグでも同じ

華麗な足技に溺れた国見時代

今日も小嶺監督の戦法は変わらず相変わらず全員坊主!

信念は結構だけれどサッカーは創造性のスポーツ勝たなければ次はない!

トーナメントでは守備から入った相手の術中にはまって0:3で負ける

部員一人一人の個性が際立ち、その時々の判断力が要求される

トーナメントでののびのびとしたプレイの前に打ちのめされる

変わってないな!小嶺監督!

決勝で当たった時も、浦和のサイドをえぐる早い攻撃の前に国見の個人技が粉砕される

パスをつなげればつなぐほど横パスやバックパスをカットされ

ピンチに立つのがワールドカップ

スペインがスイスに敗れた時もそうだった

ブラジルがドイツに叩きのめされた時もそうだ!

jリーグは見ていて楽しい方がいい

ワールドカップは違う!

国と国との許された戦争なんだ!

勝つための手段は問わない

独創性のある個人の力でゴールをこじ開けるのを何度も見てきている

綺麗事は入らないのだ!

勝つための本能が危機一髪を救い、数センチの差が勝負を決める

小回りが利き、俊敏性に勝る日本人ならポーランド、セネガルに勝てる

あとは同じ特性を持つコロンビアに引き分けさえすればチャンスは広がる

初戦なのでコロンビアも同じ考えだろう負けなければいいだろうと思ってくれれば儲けもの

反射神経が遅れている本田選手より香川、岡崎選手を連れて行くべきだろう!

他流試合が控えている

ハリル更迭論が出ていようが、今更つべこべいう選手は入らない

マスコミもそうだ!

勝つためには、全てをハリルに集約せねばいけない!

小嶺監督を見ながら独創性、柔軟性のあるサッカーを目指してほしいと

今更ながら思う