フジフィルムXE1の色調は好きだ!

撮ってだしを

そういえば、このXE1にはWi-Fiが

付いていないのだ!

キヤノンeos M10にいれて

ダウンロードする!

比較するにはちょうど良い

後ぼけ

前ぼけ

この暗い所でも行ける!

光学ファインダーだと無理だが

VFだとこのままの画像がファインダーで確認できる

特に老眼には、眼鏡無しにできる視度調整ができるようになった!

236万画素有機ELビューファインダーが目から鱗

視野角が広く、使えるこのVF

シルバーに優しい!

懐かしいフイルムモード

シルバー世代にPRO1よりこちらをお勧め

100グラム軽いし、144万画素より236万画素の有機液晶VFの方がずっと良い!


いかがでしょうか?


中古のフジフィルムXE1にレンズ中古35ミリF2.0シルバーを付ける


大切に使われていたらしい!

新品同様のレンズとボディー!

かなりズッシリと重い

キヤノンのマクロレンズ付きより重さを感じる

軽くするにはパンケーキレンズが欲しくなる

バランスはいいし、ファインダーが素晴らしいので

できるだけファインダーを使えば

安定する

このレンズには手ブレ補正付いていないし

黒のレンズフードは合わないので外そう

フィルターだけで充分!

ホールディングはなかなかいいぞ!

絞り補正ダイアル下の出っ張りが親指をしっかり受け止める

想像通り!サムグリップはいらない

さすがフジフィルム

特にXシリーズはライカを良く研究している

発色にしてもしかり

その辺はぼちぼち

AFの速度はキャノンeos m10と変わらない

めちゃめちゃ早くはないけれど

こんなもんでしょう!

XE2は知らないけれど

スナップをするなら

パンフォーカスにしておけば良いし

不満なら次の中古XE2を狙えばいい

ちょこっといじった感じは2万2千円プラスレンズ3万円で

充分お釣りがきそうですよ!暖さん!

フルセンサー並みの実力との宣伝文句に嘘はないか!?

ぼちぼち楽しもう!

私の指定席

いつも高見の見学

遊び場に困らない所

怒られても手の届かない場所を選んでる

やんちゃ猫息子

特に反応するのが、ジャズのサックス

とくにアルトサックスのアトリブに反応

一緒に歌い出す

今日は天気がいいのでヤオコウヘ


この雰囲気のあるコーヒーカップが100円だもの!

掘りだし物があれば

1日気分良し!

明後日頃にはフジフィルム XE1が届くはず

一つ前の中古でも

フジフィルムの発色は好きなので

期待している
セットの新品買うより

試したい中古のレンズを買う方が賢い!

特にカメラ女子は

所々ハゲているカメラを持った方が

賢く見える、超お勧め

傷だらけの古いカメラ

何故かおじさん達はよろこぶ!

それは自分自身だから!

レッサーパンダの夢

森岡利行監督の娘さん

森岡朋奈ちゃんと2人だけの会話劇

由美  森岡朋奈

ゴン  塩野瑛久
(朋奈ちゃんとは紀伊国屋ホールで評判になった舞台「純平考え直せ」で共演)

朋奈ちゃんはヒロインの女優さんが病気で倒れたので

急遽監督(お父さん)に引っ張り出され

ヒロイン役を見事にこなしたという度胸満点で感性豊かな女優さん

同じ事務所の中で切磋琢磨して、阿吽の呼吸で共演できる

この続きが見たくなるような会話劇になってる!

夢がないようでも、この先に何か見つけるかもしれない二人

夢はあるかないかでなく

掴みに行くものだよね!

今まさに二人がそうであるように

「夢ってつまんない」

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」そして現在放送中の「カルテット」の脚本を務める坂元裕二さんプロデュース

会話劇短編作品を考えながら

二人の会話劇を噛みしめる

噛み合わないようで

噛み合ってるように演技する

不思議な世界観。

この演技
難しいな!

レッサーパンダの嘆きは

二人にどう響いているのか?

一回見ただけではわかんない

意外に人生哲学かも

脚本家坂元裕二さんの世界観!

何度も見ているうちに

腹を抱えて笑ってしまう

人生経験豊かな人ほど

ミラボー橋の下をセーヌが流れる

高くて手に入らなかった

木村伊兵衛のパリ

単行本としてやっと見ることができた!

ライカ使いの名手木村伊兵衛さんがパリを撮る

原色のパリとは

カラフルなパリではなく

血塗られた歴史の臭いが満ちあふれ

伝統の重さの中を

人々が生き生きと生活する

そんな街だ!



私のライカはこれだ!

来週には、届くだろう?

老眼にはファインダー視度調節付きでないと

有機液晶200万円画素以上だと言うので、楽しみ!

フジのフイルム時代の絵作りに期待

木村伊兵衛さんの時代のライカではシャッター速度が追い付けなくて

ぶれてる写真が多くても、人を感動させることができる

絵画にも言えることだが

心象風景画を見ているようだ!

目が見えなくなったとき描いた睡蓮

まるで抽象画のように

胸を打つ

カカクコム等で議論される性能や機能の進化等どうでも良い

自分の感性を磨きもしないで

性能を求めてどうすると、自分に言い聞かせて70年になる

木村伊兵衛のパリはそんな原点を思い出させてくれる

ミラボー橋の下をセーヌが流れる

私の恋も流れ

時は流れ

美しい思い出だけが残る

イベットジローさんの歌を聴きながら

https://youtu.be/VKXtT-8Inog


お互いに白髪になった頭に手をやる


左手は麻痺していても


大根おろしで切った手でも、血は流れる!笑

麻痺した左手で小さな本を押さえるのは辛い

だからデジタル化は大歓迎