マウスペインターTAKA

首から下の4肢麻痺を克服して

口で作品を生み出す

どん底から立ち上がるこの明るさは

大いに私を振るい立たせてくれる

本名 松嶺 貴幸(まつみね・たかゆき)さん(30)

先天的な障害ではなく

幼い頃やったフリースタイルスキーの事故で

頚椎を痛め、肩から下が動かなくなってしまう

この明るさは

諦めからなのか

それとも

開き直りなのか

NHKのドキュメントを見て

一番感じたのは

お母さんの存在と突き放しなんじゃないかと思う!

その分かれ道は、反抗期にあったのではないだろうか?

ちょうどその頃進学や社会に出る友人達を横目で見ていたTAKAに向かって

「1人で生きなさい」と突き放したという

何かをして、お世話にならずに、自立したいという気持ちに満ち溢れている年令

お世話にならずにやってやるという気持ちから

アメリカ西海岸の大学へ向かう

その頃から美術に目覚め、なんでも吸収してやるという気持ちになったのじゃないか!

当然両親の援助がなければ行けなかったであろう!

突き放しながらも、陰ながらも全力で応援してくれた両親!

あとでその意味がわかるに違いない!

暮らし始めて、何もできない自分にぶつかり

風呂にも、食事にも毎日の生活で、生きるという最低限のことができない自分を嫌という程

味わったに違いない

そして大学の仲間にそんな自分の手助けを頭を下げてお願いした様だ!

自分を知り、頭を下げる

数十人が名乗り出てくれた様だ!

さすがアメリカ!

それこそお母さんが狙った通りに展開して行く

何もできない

その中で何かできることを見つけ

そこに焦点合わせれば

そんな人がいっぱいいることに気がつき

わずかな光を探し、そこへ集中する力

無駄なものを捨て、自分の感性を磨き

街に出て、デッサンをするため、口にくわえた道具で繰り返すマウスペイント

まだまだ未熟なマウスペイント

西海岸にはそれだけで食べているアーティストがいっぱいいる

まだまだアーティストと言えるには未熟でも

発信しなければ共感はない!

お母さんは苦しみの中から息子に

まず生きることをわからせたかったに違いない!

全てのアートが本物になるには

生きる実感が伴なわなければダメだろう!

私は今もそれは大切だと思っている

彼の作品には、生きる光がほとばしり出てくる様な力強さがある!

まだ30歳!これからだ!

私と同じ様にヘルパーさんの力を借りて

自活しながら作品に取り組んでいる

マウスペインター TAKA

頑張れ!

iPad Pro 9.7と型落ちのiPad Air 2どっちがいい?

予定より1日早くないですか?

すっかり今日だとばかり思っていました

iPad Air3ではなく

スモールiPadPro
  
この大きさの違い

12.9インチのほぼ半分

出ましたね!

ほぼ予想通り

iPadProを手に入れてからずっと言い続ける

これが本来のiPad!

Proなんていう名前は、おこがましい!

人間のProはパソコンとの整合性を求める

今使っているアプリとの間をスムースにやり取りできることを求める

つまりパソコンの土台の上でしか考えていない

新しい世代は違う

iPadの土台の上で、仕事に活かす方法を考える

最低限の機能で欲しいのは、マルチスレッド

ソフトの行き来を自由自在にできることは

仕事に不可欠だ!

やっと対応したiPadがマルチスレッドをサクサクこなすには、最低A9XのCPUが欲しい

今回のiPad Air2の1.8倍の力を持つ力を持つA9Xが不可欠!

9.7インチiPadProの登場は

間違いなく広まるだろう

12.9インチユーザーにとってもうれしい悲鳴になること間違いない

マルチタスクできるアプリは、アプリ側で対応しなければならないからだ

ユーザーが増えればアプリメーカーでも力を入れるに違いない!

大歓迎だ!

こうやって考えれば、iPad Air2が

従来より1万円安くなってるからといって

4スピーカー

アップルペンシル対応

強力なCPUを合わせれば絶対iPad Pro 9.7の方がお得であり

将来性があると言えるだろう!

但しエクセルやワード程度のアプリとネットだけで良ければ

iPad Air2でも大いに結構に違いない

だってマルチタスクできるんだもの!

もう1つiPad Pro 9.7のメリットは

スマートコネクターに繋げるだけで

キーボードが使える

  
ブルーツースキーボードのようにバッテリー充電が入らないし

タッチの遅れもない

これはMacBookより小さなノートパソコンに変わりうる

持ち運びには、9.7が限界だもの

  
やっぱりiPad Pro 9.7の秘めた実力は、使ってみればわかるだろう

値段も12.9インチより2万円安い

iPad Pro (9.7-inch) with Wi-Fi/256GB 102,800円

iPad Pro (9.7-inch) with Wi-Fi/128GB 84,800円

・iPad Pro (9.7-inch) with Wi-Fi/32GB 66,800円

(私の12.9は32ギガでもiCloudを利用すれば

なんとか今までやりくりしている)

後からバックアップメモリー買うより

やっぱり映像を扱う人は128ギガは必須だろう

シルバー世代は32ギガで充分

256ギガ対応はProにとってありがたい

ディスプレイの解像度はiPadPro12.9と同じ

薄さも重さもiPad Air2と同じ

6.1mmの薄さ

 437グラム
4スピーカー積んで同じ重さとはこれいかに?

iPadが見直されるだろう!

株価が落ちてるようだけど

落ちてる今が買い時

爆発までいかなくとも

じわじわ人気が出るだろう

とにかくアップルペンシルが素晴らしい!

12.9インチが売れなくなる

とんでもない

いずれスモールでは物足りなくなるよ!

キャンバスはできるだけ広い方が良い

マルチタスク使ってみるとわかるだろう

9.7より12.9の方が圧倒的に使いやすい(小さいのでiPadAirに戻れなくなる)

  
どちらも純正キーボードをつけると

段差ができて、かっこ悪い!

いくら軽くとも、アップルらしくない

スケッチ旅行のお供にいかがでしょうか?

10時間の駆動時間は旅行に持ってこい

やっぱりiPad Air2とさようならしよう!

とりあえずまとめにこの動画を

もっと自由に

お休みは今日まで

明日の準備をしながら、お休み中にiPadProを使い倒しての感想を

テレビドラマも映画も音楽も最高のエンターテイメントを堪能する

持ち歩くにはiPad mini4があるので、マルチタスクも出来るiPad mini4は最強

私の足の装具も、家の中用は、軽くて暖かいプラスチック、外出には、丈夫なステンレスを使ったやつ(ゲートソリューション)を

デジカメも普段はiPhone plus を残しておきたい写真はG9Xを

一台で何でもやろうとしないこと

スペック重視な人間は、いつも他と比較して、何が足りないとか言うばかりで

結局焦点定まらず、結果を残せない

るろう人剣心の録画を見たり、羽生君のスケートを見たり

その時の臨場感は、この大きさだからこその感動をくれる

今持ってるブルーツーススピーカーはみんなスピーカーは離れたところにある

スピーカーの間隔が狭いので、iPadProの両サイドの4つのスピーカーが身体を包み込むような感覚はない!

大画面の奥からも鳴るので、一度見た映画(るろう人剣心)でも、全く次元が違う世界を見せてくれる

この大きさだからこそなせる技!

だからiPad Airとは違った次元に連れて行ってくれる

AV機器として使うのだったら、iPad Airでは物足りなくなってしまう

Applepencilから見た場合には、絵を描くには、大きいキャンバスの方が描き易いのは間違いない!

ただスケッチをするには、持ち運びが難点

そこでAppleに提案したい

システム手帳として使いたい人に

iPad miniとiPhone plusにこそ

Applepencilの威力を発揮してくれると確信する

細かい絵や文字を入力するに最適だから

そこで海外の情報を見ると

何と!iPadのみならず、iPhoneにもApplepencilを使うシステムを申請してることを発見!

  
やっぱり!いい線いってる!

というのは私が昔使っていた手帳「newton

   
 
これは素晴らしい発想だと思ったのに

なぜかスティーブは気に入らなかった

(タッチ操作というiPhoneのギミックに行き着くことによって

納得したのだろう!タッチ操作できるうえでのpencilなら

スティーブも納得するのでは)

こいつは、ペンを収納するところが付いている

Applepencilはこのお正月二度ほど行方不明になる

残りの人生

もっと自由に

身体は片麻痺でも

気持ちは自由に羽ばたきたいもの

  
ジャズ フォー コーヒーブレークを聞きながら

私の秘書とこれからの人生の打ち合わせ!

役者も自営業も

もっと自由にhappyに!
凝り固まった考えに囚われず

自由な発想、柔軟な考えにブレーキをかけず身を委ねて行動することを大切に」




事務所という枠にとらわれず

政府広報の仕事として映画「未来のカケラ」に出演し

フィリピン国交60年を記念する事業として

連続ドラマ「ハロハロ ハウス」という海外ドラマに出演

枠を超えて21歳の青年は飛び出して行く

何と言う気持ち良さ

もっと自由に

ーいつも同じことを思う不思議ー
塩野瑛久ブログ「21歳の年」より

http://ameblo.jp/akihisa-shiono/

2016年今年も頑張りましょう

 Applepencilで描きました 

  
塩野画伯が描きました。

  
2.5次元舞台をよろしくお願いします。

何で3次元でないのか?

よくわかりませんが

そこまでは舞台では無理なのかな?
広島前田投手がドジャースと8年契約で内定したようです。

すごい契約になりそう

確かにドジャースは昨年19勝あげた投手が移籍したので

納得!!

ベートベンさん!広島ファンクラブの皆さん    良かったですね!

Applepencilの使い心地

先ずはApplepencilで二本線をかく

荒涼とした夕張の風景を思い出す

遠景を想像し近景には、印象的だった寒さに負けずに佇む木々を

一本道は私の人生

1人寂しく振り返るキタキツネをアレンジ

これは想像で書いたら、タヌキになってしまう! 笑

スピリットビューを立ち上げ右にネットで探したキタキツネを

マルチタスク対応のソフトなら、すぐに描画に入れる

繊細な線も描けるApplepencilの凄さを体験する

12.9インチの画面ならこんな小さなキタキツネでも

拡大せずに描ける

そして出来上がった絵がこれです

月とキタキツネ

  

   

          

この道を行けばどうなるものか危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり

その一足が道となる

迷わず行けよ

行けばわかるさ


キタキツネの心境になって、今の心情を絵に書いてみた

まだ全然使いこなせていないけれど

落書きしながら心境を書きなぐる

  青の記憶
孤独に悶えながら

抜け出そうとする

でも言うことをきかない左半身

その苦悩と悲しみをストレートに書く

  
峡谷の春

悲しみの谷間にも春はきっとやってくる

そんな希望と春の気配を

思いっきりキャンバスに



PS

  

「Procreate」を使う

今回のバージョンで、iPadProのためにバージョンアップしてあるように見えるぐらい、

Pro仕様になっていて

あらゆるブラシを自分のものにするシステムに仕上げられている

しかしアナログに近づこうとして

むしろ離れて行ってしまったような気がする

デジタルの隙間はデジタルでは無理だということを知れば

自ずと機能は整理する方向を向いた方が良いと思えるほどの出来だ!

iPadはiPadの方向を

てんこ盛りの機能なら、パソコンに任せれば良い

それはデジカメの世界にも言えることだが