夜遊びに疲れて

ブログの更新ができなくて困ったものだ!

定休日に横須賀にある

軍艦の見える公園(ベルニー公園)に行こうと決めたものの

うちのやんちゃ猫が玄関開けようとした時に

外に逃亡すると言う事件に巻き込まれる!笑

捕まえようとするも、逃げ足の速いこと!

そうこうしているうちに

やることを思い出して、諦める

それはクレープを包む紙が少なくなっていたので

発注をかけねば

猫どころではなく

やんちゃ猫は、前にも戻ってきたので、追いかけない様にして

放置プレーということで

半日かけて


電話番号入れたり、新年の挨拶を削除したり

修正をして発注する

天気も午後は晴れると観たが、結局一日中曇天だったので

公園にいかなくて正解

温かくならないと、私の左半身はいうことを聞いてくれない

春の訪れを待つことにしよう!

やんちゃ猫は

翌朝御帰宅!

声をかけると

思いかけないところから返事する

縁の下にいたらしい!?

夜遊びに疲れてグッスリ!

今日のグリグリ

SQUARE     四角の魅力

富士フィルムがインスタント写真に

SQUAREサイズをこの春投入して来るらしい!?

海外では既に紹介されている

62センチ角らしい!

  
  
  
  
人を撮っても風景にしても静物にしても

いつも感じるのは

撮影対象に肉薄できるのと

縦横自由にレイアウトでき

一枚で完結するのでなく
モザイク的にアレンジできること

レコードジャケットの魅力もそこにあるのかも

私がお勧めするビルエバンスの最高傑作の4枚

  
  
  
  
昔からの写真家はあまり好まないようであるが

イラストレーターさんは愛用する人が多いように感じる

インスタント写真は余白があるが

スクエアーインスタントはどうするのか

やはり余白を取っているようだ!

今までのインスタントカメラでは対応できないので

ハードも変えないとダメなはず

富士フィルムはフィルムだけでなく

ハードも売り込んで来るに違いない

ポラロイドにしろロモインスタントにしても必ず参入して来るはず

息子も既にツイッターに載せている

早いな!(CMにでも出るのだろうか)

  

上の4枚のビルエバンスの作品を勧めるのは

ビルエバンスの最高傑作と決めつけているから

曲自体の持つテーマ、美しさと創造的即興性とが見事に融合されており

私の心を捉えて放さない一枚であります。

特筆できるのは交通事故で若くしてこの世を去ったベーシストのスコットラフェロの名演が

素晴らしい!ベースはどちらかというと脇役的に考えていたのが

ラフェロは見事に覆してくれる

高校時代にジャズコンボを組めたのも

本間君というベーシストがいたからでもある

彼はクラリネットもやり

私のドラムと即興演奏をしてくれて、

いつも楽しくて楽しくてしょうがなかった

ジャズコンボを組む場合優秀なベーシストから見つけ出すという事を

教えてくれた名盤なのである

ビルエバンスとのインタープレイはどちらが主役とも言えないような

美しい世界を 見せてくれる

最後の一枚は彼が翌日交通事故で亡くなったものなので余計心に残る

ベースのピッチカートの繊細な粒が見事に収録されている点でも

スピーカーの低音を試すには格好の音源にもなる

今日のグリグリ

  

 

 XT20とX100F本日発売 それでも流れは止まらない

中古になったら使って見たい候補

画質は今も所有するXM-1 XE-1と違わない

各社デジカメ低迷する中

フジフィルムのXシリーズは右肩上がり

思うに国産初のカシオから始まり一眼デジカメEOS KISSを使い

デジカメの流れを見てきた人間として

撮る楽しみ

見る楽しみ

発信する楽しみ

この3つを追及しているフジフィルムが頑張っている姿

頼もしい!限り

尖った所も失わない

ライカとともに

頑張れよー~!と叫びなくなる

その証拠のような中判カメラGFX 50S

レンズ入れて100万越えるカメラを本気で出してしまう!

フルサイズより大きなセンサーを積んで

それでもスマホの攻勢にタジタジの各社

そうだよなー~!

昨晩も冷え冷え

わが小猫と温め合いながら

共存する姿を自撮りできてしまう!笑

手軽さ!

腕枕しながら撮れるカメラはスマホくらい!

ジリ貧になるわけだ!


今日のグリグリ

(おすまし)

ライカ144にて

猫づくし

昨晩NHKはネコネコネコ

一晩中!

猫がいかに人間の生活を豊かにしてきたかのオンパレード!!!

  
  
面白かったのは街角変われば呼び名が変わって愛されている猫たち

上手に聞きわけ生き伸びる知恵がある

一番怖かったのは

そこには弱肉強食の世界が

まるでライオンの様なメスを巡っての

厳しい生存競争が

街一番の美人獲得のための闘争が

破れたオスが産まれたばかりの子猫を食い殺してしまうと言う現場を写す

メス猫に次の出産を促し、次は俺の番だと言わんばかり

種族保存本能なのかも知れないが、あまりにも残酷過ぎて観ていられない

だが待てよ!?

金正男暗殺もそう見れば、何の不思議もない

母親にできた新しい男が既にいる子供を殺してしまうのも

生き残るための動物的本能なのかも知れない

人間は本能のみに生きれば良いと言うわけではない

理性こそ大切!自分の国だけ可愛ければ良いのでしょうか?トランプさん!

美しい自然と街に溶け込む猫の生態と向き合う岩合さん
    

猫に語りながら猫目線で捉えた世界は素晴らしい感動を呼び起こす

最後の最後まで目を離さず観てしまう

   
   

   

 

 

 

  

ニャンニャンニャン 2月22日は猫の日

小猫がやって来て数か月

ヘルパーさんが驚くその成長の早さ

いつも見ている自分は気がつかない


完全イヌ派だとおもっていた自分が完全に覆される

何よりすごいのは

イヌ以上に人の感情を読み取る力

排泄が想像以上に直ぐに覚えてくれたこと

常に私の心に寄り添ってくれているような気持ちさせてくれる

昨晩は歯痛で寝られない私によりそって

一緒に寝てくれる

寝ているときでさえ私の感情を読み取ろうとする

先に寝てしまうと私の鼻先に自分の鼻先を当て

まるで呼吸を心配してくれているかのように


不思議な信頼関係が生まれ

安心仕切ったその顔に癒される

ぐるぐる喉を鳴らして


これは飼った人にしかわからない


一人暮らしのシルバー世代に超お勧め