LUMIX DMC-LX100 レビュー

絶滅危惧種などという人もいるが

結論から言えば、私の撮影環境からは

ベストの選択!

センサーを大きくして明るいレンズを付ければ

このレンズの出っ張りは仕方がないだろう!

キャップを外したりする手間はGX5に劣るので

オートキャップを付ける

それだけで3000円するのは問題(標準でつけよう!)

触って見て

ホールディングの良さ手持ちのG5Xよりずっと優れている

と感じる

数十枚シャッターを落として見て

私の手の大きさにぴったり

マグネシウムフレームらしく

安心できるコンパクト感が素晴らしく!

G5Xより軽く感じる

第一に全高がG5Xよりあることが握りやすくしている

G5Xは握り部分にあるダイヤルが邪魔!

ステップズームに使っていたが、いつのまにか動いてしまう

指に当たって痛い

ラバーが厚くてシックリくるLX100

操作性は右手指で全て届くのが良い!

AFの早さにはビックリ!

気持ちいいくらい爆速快感!

ボケ具合には大満足!

マクロは使える!

最初からレンズ横のAFマクロにしておくことをお勧め!

埃まで写し込む笑

1インチセンサーだと5センチが精一杯!

その倍あるセンサーでも3センチ寄れる物はこれだけであろう!

しかもF1.7とは、驚きだ!

EVFはLX100の方が一枚上

G5Xは中央にあることで

鼻脂が液晶にベッタリ

液晶の左上は正解だ!

ライカがほとんどそれであるように

正しい位置だと思う

重さはG5Xの377グラムに対して

16グラム重いけれど

ホールディングの良さから

むしろ軽く感じる

軍艦部がフラットになったおかげで、バッグにスムースに入るのもいい

この辺はキャノンも見習ってほしい

きっと次のG5XはLX100を土台にしてフラットにしてくるだろう!

LX100は生産終了して、タッチパネルとバリアングルにして

USB充電できるようにするだろう

どちらも私には全く要らないもの!

タッチパネルに触れて

困ることが多々あったし

バリアングルは両手持ちが必要

USB充電は遅いので、充電器使う方が圧倒的に早い

LX100は無音シャッターに設定できるのが素晴らしい

意識させずに自然な表情が撮れるし、75ミリは、自然を切り取るには不満だが、ポートレートには

美しいボケと表情を写せると思う

卵レタスチャーハンと餃子で880円也

庶民の味方「金山村」

あともう一台シルバーの方を

買っておきたいところだ!笑

それ程ツボを得ている機種だと思う

解像度は2000万画素のG5Xの方が上だが

1600万画素に落とす理由が

わかるような気がする

実際に撮ってみて、優れた階調表現に驚かされる!

近所の中華屋さんで試す!

さて今日から仕事!

今年の春と夏祭りが楽しみ

それではまた!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中