PowerShot G9 X Mark II レビュー2

Scroll down to content

後ピン

前ピン

暗い照明下でもボケ効果は意図通り再現される

Canonの1インチセンサー裏面照射型センサーの力と

デジック7のエンジンは起動速度も手振れも、AF速度もMark IIになって

完成度を高めた

PowerShot G9 X Mark IIは前より確かに進化していることが海外のサイトで試験されている

最短距離

望遠端だと35センチまで近づける

和菓子の質感

取っ手についたキナコ

カップの中の光りのボケ

ヒゲの一本一本の描写

ミラーレスの守備範囲に中に食い込む性能にはびっくりさせられる

コレで206グラム

旅カメラとして充分の性能
マーク2になってスナップカメラとしての実力を完成させている
起動速度:2.3秒 → 1.3秒
AF合焦後のレリーズボタンラグ:0.066秒 → 0.036秒

中央AF合焦でレリーズされるまでのラグ(広角側):0.289秒 → 0.183秒

中央AF合焦でレリーズされるまでのラグ(広角側):0.289秒 → 0.128秒
シングルショットモードでの連射(L/SF.JPEG):0.88秒 → 0.66秒

シングルショットモードでの連射(L/SF.JPEG+RAW):1,63秒 → 0.66秒
コンティニュアスモードでの連射(L/SF.JPEG):0.15秒 → 0,12秒

コンティニュアスモードでの連射(L/SF.JPEG+RAW):1.63秒 → 0,12秒
ザックリこのようになっていて、大体の速度は半分から2/3に向上しているようです。
連射サイクルについては、バッファメモリーが十分に積まれたようで、

記録するデータ容量の増減に関係なく同一の(より高速な)速度で安定しています。

もちろん「旧機種の方が良いんだ!」と主張される方もいますので強要はしませんが、

おおよそ、物理的な結果はこのようになっているようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。