My wild irish rose 
イギリス民謡のこの曲が

たまらなく愛おしくなる時がある

そんな時

キースジャレットのピアノ曲を聴く

なんのてらいもなく

夜のしじまに響くキースのピアノは

愚かな我が心に染み入る

  


このモノクロのジャケットのように

譜面に忠実でありながら

傷ついたあなたの心を癒してくれる

優しく優しく心に囁く
野生のバラの美しさ可憐さが

ストレートに染みてくる

傷ついているあなたへ

おおすすめの一枚

この曲を辿って

探していると

アメリカ出身、秋田生まれの

ジョエルさんに出会う

 なんて綺麗な人なんだろう!

アメリカ出身の秋田美人のジョエルさん

 My wild irish rose を歌う
ソプラノでありながら

ジャズのフィーリングで歌う

譜面通りなところに

物足りなさがありながら

透き通った中にも

ブルースの香りを感じる

今夜は彼女の歌を聴きながら

愚かなりし我が心に涙しよう!

人間は愚かだからこそ美しい

My wild irish rose 

ジョエル!

ピアノのトリオをバックにしたライブ

会いに行くよ

君もいろんな人生を送れば

もっと艶やかなボーカルになるよ!

キースのように

本名は渡辺・ジョエル・洋子







コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。