充電池ニッケル水素とリチウムの使い方!?

Scroll down to content

決定的に違うのは前者はなるべく早めに充電する必要があること

後者は使い切ってから充電した方が、メモリー効果を避けられるということ

メモリー効果は途中で充電するとその位置が出発点になってしまう傾向にある。

だから使い切ってから充電することで避けられるらしい

近年安くなって来た充電池はニッケル水素電池だ!

リチウムより発火性がはるかに少ないらしい!

まだアマゾンでは発売されていない東芝の名刺サイズラジオTY-SCR5(Kが手に入ったので、付属のニッケル水素充電池を紹介したい

リチウムより安全性が高いため、USB-Cで直接充電できる

より便利になっている

付属の充電池は東芝製750mA単4 2本が付属している

単4には1800mA位まで使ったことがあるが

充電時間が長くなるため、発熱が激しく

何本も使えなくなってしまった。 多分安全装置が働いてしまったからだろう?

この細い単4充電池は1000mA前後の容量が向いているような気がしている

その点で付属の750mA位がニッケル水素充電池の特性に合っているし、理にかなっている

なるべく早めに充電したほうが

この電池を長持ちさせる

その特性をよく活かした仕様になっている

2022年6月製造された最新型チップの性能はなかなか優れた感度と

上手にチューニングされたアンプで最大ステップは64まであって、十分な音量が得られている

あくまでイアフォンを使う前提

スピーカーはこのサイズなので、音声中心に聞くならば問題ないが、音楽はイアフォンで聞くべきだろう。

ステレオ分離度やノイズの少なさは特筆モノ!

デザインもエッジを効かせ、ハンドリングや使い心地は、なかなか優れている!!

特に付属のカナル型イヤホンは右と左が色分けされている

ステレオイアフォンはこうでなければ!

FMノイズが目立たない音質で聞くクラシックは素晴らしい!

N響のライブ(「新世界」を聞いて、感動したばかり

残念なところは

1.点灯しない液晶 電池の消耗を避けるためだろう、ライトは東芝ラジオの新製品全てに、付けているが

非常用として機能を優先させている

これはこれで潔い!

2.スリープ機能がないところ

繰り返し充電できるので

あえて省いたと思う

デザインも実用性を重視したことも

東芝の姿勢を感じる

相変わらずAmazonは旧製品の在庫を抱えているせいか、新製品を販売していない

そんな時はヨドバシを利用している

ヨドバシは、旧製品を格安で売り切るので

そんな時は旧製品でも手に入れた方が

懸命だと思うが、ほとんどが販売完了に

なってしまう!

そういうものを手に入れAmazonで中古販売している業者は多い

展示品などもその対象

そういう場合、Amazon発送するものは

安心して買える!ボリュームのガリ音や

傷の位置などが気に入らなければ

Amazonに送り返せば、返金してくれる

管理発送業者がAmazonであることを確認することを怠らないように

厄介なのは、販売も発送も中国業者の場合は

送り返すのも手間が掛かる

私のような障害者は特に気をつけよう!!

PS iPad mini6と同じケーブルとアダプターを使って充電 やはり直接充電はたすかる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。