大阪なおみ選手が変わった

特にセカンドサービスの球種とコース

1本調子のサーブ

相手選手の分析

なんとコーチが素晴らしい!

ベルギー人のウィム・フィセッテ氏

徹底した弱点の克服と

相手選手の分析データを

徹底して大阪選手へ刷り込んでゆく

過去に

クライシュテルス(ベルギー)が09、10年全米、11年全豪、ケルバー(ドイツ)が18年ウィンブルドンを制覇。元NO1のハレプ(ルーマニア)、アザレンカ(ベラルーシ)とも共に歩んだ。

この経験が生きている

準決勝は難なく勝てるだろう

問題は決勝でセリーナと戦うことになりそう

セリーナはフルセットで戦うことが多くなった最近

準決勝でてこずれば

大阪なおみ優勝の確率は高くなる

なおみ選手は変わった

自分のシューズにサインと共に

「Home is where the heart is 」

僕は全米オープンは私のホーム

そういう気持ちも入ってると思う

「故郷は心の拠り所」

 そんな訳は英語の教師は

認めないだろうが

どうだろうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。