俳優清原さんの脳出血

Scroll down to content

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

若干27歳での脳出血に

同じ病気で倒れたものとして

心配されているファンの方達のために

安心してもらおうと

私の体験を

振り返ってみようと思う

緊急手術したということは

点滴によって

出血した箇所を固めてしまう

固定法を取れなかったと推測されます

12日に具合が悪くなったことから

出血から3時間以内であれば

手術せずに点滴で

出血を止められたと思う

現代の脳外科の進歩は

微細な脳神経を避けながら

手術できるので

後遺症はほとんどなくて済むでしょう

ただ出血が右脳か左脳かによって

出血による後遺症が少し異なって来る

私の場合は右脳の左半身運動機能障害でした

右脳の場合は

言語障害が出やすいのと右半身が麻痺している場合が多い(出血量によるが)

利き手が右の人が多いので

書くことの障害と言語障害などが出る場合は

リハビリで克服して

仕事に復帰している人がほとんどです

それほどリハビリの医学も進んでいるのです

そして27歳という若さが

仕事に復帰したいという意欲が

脳細胞を活性化させ

新しい神経細胞を再構築して

ほとんど後遺症が残っているとは見えないほど

必ず元の俳優業に戻れるに違いありません

リハビリ中に見たある野球少年のドキュメントが

強烈に心に残っています

脳腫瘍で半分の脳を切除しても

再びキャッチボールする姿は

今でも強烈に残っている

それだけ

脳細胞の可塑性を

信じていいのだと思います

27歳の若さが

それを可能にしてくれます

私でも右手は利き手なので

クレープを焼いて

左手を補助的に使えるようになって

2007年9月に脳出血

約半年のリハビリを経て

仕事に復帰したばかりでなく

北海道、沖縄、九州と

杖をついて一人で写真旅行をしました

61歳の時でしたから

まだまだ意欲は衰えていませんでした

何よりも必要なことは

目標に向かう意欲なのだと思います

それが脳神経の復活を促すのだと思うのです

俳優という仕事に向かう意欲と情熱が

脳神経を復活させるのです

ファンの方の支えが何よりも励みになるに違いありません

私の場合はお客様の

また「マスターのクレープ食べたい」

そう言ってくれるのが

何より嬉しかった

74歳になった今

加齢との戦いが

左半身麻痺に負けそうになっているのが

悔しい

超えられない壁になっている

電動車椅子に頼る毎日

それだけあちこちが劣化している事が

現状

俳優

清原 翔

185センチ

27歳

君はまだ若い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。