つぼみから幸せの花へ

Scroll down to content

一つ一つのツボミを

花開かせて

昨日

お亡くなりになった

小出監督

心よりご冥福を

お祈り申し上げます

享年80歳

小出監督指導法は

その選手の良い所を徹底的に褒め上げる

それが弱点であっても

一番印象に残ってる

有森選手が怪我をした時

落ち込んで会見しているところへやってきた監督が

有森!せっかくを故障したので

せっかくを入れなきゃダメだよ

「なんで故障したんだろうと思うな。物事には意味のないものはない。どんなことが起きてもせっかくと思え。どれだけ故障しても、それだけ意味がある』

有森さんが一番小出監督で印象に残ってる言葉

そう言って天を仰いだ!

監督と一緒に

東京オリンピックを見たかった

こんな監督に出会えた選手は幸せ

幸せの花に巡り会えた監督も幸せ!

高橋尚子さん曰く

監督からは「お前はよく走ったな。夢を叶えてくれてありがとう」

の言葉をかけられ

高橋さんは

「私の今があるのは監督のおかげです。

私は五輪で金メダルを取ったことよりも、世界記録を出したことよりも

小出監督に会えたことが一番大切な、価値のあることです」

と感謝を直接伝えたという

3月に引退され4月に天に召される

きっと燃え尽きたんだよね

髭を剃った小出監督が金メダルを握り締めたあのシーンは

私の人生で一番の危機を救ってくれた!

2007年9月に左半身高度運動機能障害を宣告され

絶望のどん底から

這い上がれたのも

せっかく障害者になったのだから

自分に何ができるか

できる範囲でいいから

息子に伝えよう

そう思って

学校の説明会に一緒に行きながら

その学校の先生達を

じっくり観察する息子に聞く

「ついて行きたいような先生は見つからない」と

「それなら父さんの店に来て

働いて見たら」

「学校では学べないこともあるよ!」

私自身も中大法科出て研究室で司法試験の勉強を何年もしていたのに

父親の期待を裏切り、パリのペンフレンドのところへ

行ったことがきっかけに

クレープアン開店(1983年)

2007年9月

第1種二級の障害者になり

「せっかく」を活かせたと思うのです

プラス思考の大切さを

教えてくれたのは

小出監督なんです

息子には好きなことをやらせよう

当時モデルや美容師になりたいと言っていた息子

それにはファッションや美容代もかかると思うから

「ここで働いて、稼ぎながら好きな方向を」

ある雑誌の読者モデルを自分で編集長に売り込んだり

ジュノンのコンテストの最終舞台に着て行くファッションまで

交渉し、提供してもらったり

自分で営業することは

事務所に所属してからも変わらない

全ては自分のやりたい方向への活動

俳優の仕事は感性を磨くこと

大学では学べない

感性の豊かな時に

机の前では学べない

たいせつなことを自分の足で自分の手で掴んで行く

22社からのオファーの中から

自分で選んだオスカープロモーション

マネージャーなしに

自分の進む道を

自分の足で稼いで行く

塩野瑛久24歳

まだまだこれからですが

私の幸せの花

小出監督ありがとうございました

「せっかく」が生きました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。