ヨガブックの描画モードにときめきを!

Scroll down to content

二種類あるからわかりにくい

一つはワコムのタブレットのようにリアルペンシルを使って真っ黒のキャンバスに

液晶を見ながら描くこと

この時applepencil以上の能力を発揮するリアルペン

さすがワコムペン

唯一の欠点はこのペンの能力を使って直接液晶に書き込めない

単純なタッチペンとしてなら書き込めるが

ややこしい!

もう一つの描画機能は

メモ用紙を乗せて

メモ用紙に書ける

そうすれば画面に直接かいた通りの効果が得られる!

ここに置いたノートは裏面に磁石がついてハローキーボードに張り付く

書いていてもズレないようになっている

もっとすごいことは、なんと普通のノート1センチくらいの厚さでも

認識してデジタル化してくれる!

1センチ雛しても感知できるというワコムの技術がいかされていることだ!

さらに液晶にデジタル化された画面で写真や文字を入力できる

拡大縮小自由自在

どうだapple!

これはできないだろう!

充電無しにできる

Applepencilは充電しないとただの邪魔者

書けるとき書けないノートなんてごみ箱へ
但しボールペンをリアルペンに差し替えないと単純なボールぺンでは

ダメだよ!(だからめんどくさい人は、リアルペンを5000円出して

二本持てばいいだけ!Applepencilの値段で二本は楽に買える)
私はこのお店を始めたときからのApple信者だけれども

ジョブズ亡き後、大きくなり過ぎたAppleに未来はないと考える

守りに入った会社にはチャレンジ精神が薄れているのではないか!

叱咤激励のため、声高に叫ぶのだ!

つまらない会社に興味はない!

新規性や多様性や独創性のない会社よ さようなら!

これだけの多様性の詰まったタブレットが三万円台で買える

レノボに駆け出しのころのAppleを見る!

当時の私なら、10万出しても買っていただろう!?

細かい所で不満はあるけれど

このまま謙虚にアツプル信者からのアドバイスに

耳を傾ければ

もっと素晴らしいものが生まれるだろう!

久しぶりに、ワクワクさせてくれるモノリスに出会った時に感じる

ときめきを覚えるマシンだ!

付け加えるが

描画モードに重きを置く人は

ウインドウズ版は避けるべし

一つは描画に追い付けないときがあり、お絵かきソフトの多さでは

Android版に軍配だから

Appleもウインドウズもどつちつかず

中途半端なマシンを作り続ける

でかい会社のジレンマが見えてつまらない!

人生も恋愛もときめきが大切だ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。