シニアカーで楽しめるキャラバン生活、1人用キャンピングトレーラー

昨日は晴れていたけれど

冷たい風が強くて

帽子を2回ほど飛ばされる

ヤオコーの百均(ダイソー)は二階だけれど

電動車椅子に乗って買い物できる広さに

助けられる

一階の生鮮食品売り場は人ごみで無理

車椅子に乗ってゆっくり吟味できる

お店からダイソーまで1.2キロ

歩行者と同じスピードなので17分くらい

買い物カゴと足元に乗せられるので

少々大きな物でも乗せられる

  
  

病院で年配の方に声をかけられる

「おいくらですか?」

福祉用具は消費税がかからないので

12万ちょっとで買える!

ハイガー産業サイトで購入!

半年使った印象は

バッテリーの持ちは問題なし

こまめに充電すれば3年くらいいけそう!

  
代えの充電池は25000なので

未だに高いリチウム電池だと二、三倍する

重いけれどこのシニアカーのバランスにちょうど良い

重心の位置にリチウムだと軽すぎて、安定性に欠けるだろう

馬鹿みたいに高いリチウムは軽いので、航続距離を伸ばしてくれるが

リチウムはコストパフォーマンスは最低!

ノーパンクタイアは乗り心地は悪いので

車椅子用座布団は必須!

それでもかなり揺さぶられる

坂道は、ほとんどの坂道で使える

1人用キャンピングトレーラーが繋げられる

  
きっと地震の際に役立つだろう!

  

シニアカーは群雄割拠

  電動車椅子に乗りたいシルバー世代は

ゴマンといるに違いない!

私もその一人

外反母趾の痛みと片麻痺に加わる加齢

こんなに早く来るとは

この足で歩ける限り車に頼りたくないという思いは少しづつ希薄になる

同じ思いのおばあちゃんが開発したパルパルという

シニアカーを知る

電動カートという分類なんだろうが

各社各様だけれど、20万から30万以内のカートは

ほとんどが台湾中国で作らせてるものだ!

自分の身体や目的に合ったものに絞ると

だいたい見当はつく!

1.できるだけ軽くて、車や飛行機で運べるもの

2.片麻痺なので、右手一本で操れるもの

3.一回の充電で1日走れるだけのバッテリー性能
そこで巡り合ったパルパル

75歳でぶつかった前例がないと認めないお役所仕事

60代で膝の痛みと闘った経験から生み出されたパルパル

役人の手を借りずに、名所旧跡、観光地に

レンタサイクルと同じようにシルバーカートをレンタルすることを考える

素晴らしい発想!

会社の名前もパルパルに変えて奮闘するおばあちゃんに元気をもらう!

  

早速手配する

  
会員登録し138000円で手に入れる

ところがどっこい!

現在の価格は160000円という電話が入る

直営店でちゃんと手続きしているのに

社員が慌てて電話してくる

本店だから安いのは当たり前と思い、なんの問題ないと思っていたのに

なんといういい加減さ!

社長の志は高くても

下で働くものがこれでは、評判は落ちて行くでしょうね!

うちも気をつけねば

創業者の志を伝えて行くのは

相当なエネルギーがいるものね!

75歳では無理か

ただこの分野は群雄割拠

どんなものが出てるか

何にも知らない社員

パルパルを超える製品が既に出てるというのに!

   
 

ほぼパルパルの車体ベースに

片麻痺でも操作しやすい

シルバーハンドル(円形)

  
メカの部分、バッテリーの部分はデザインを変えただけで

ほぼ共通

値段が税込みで129800円こちらの方が安く

車体カバーまでサービスしてくれる

しかもパルパルはチューブを使った、乗り心地重視のタイヤ

パンクの確率は高い!

後者は、なんとパンクレスタイヤ

群雄割拠を知らない社員

社長の志を理解しない社員

自分の落ち度を隠すための言い訳

パルパルよさようなら!

ベストライフ はハイガー産業の製品

調べると中国資本の会社

安くなるわけだ!

もっと調べると

98000円で出したことがあるようだ!

どちらもリチウム電池ではない

重いけれど発火の安全性は高い!

代えバッテリーは25000円前後

密閉型鉛蓄電池

これがリチウムだと

5万から8万するだろう

電動カーが高いのも

ほとんどがリチウムの値段

値段とのバランスではしばらく従来のバッテリーに頼らざるをえない

分解の仕方もほぼ同じ

同じ工場で作り

デザインを変えてるだけのいわゆる自動車のOEM製品だ!

こちらとしてはバカな社員に助けられて、感謝ですよ!

消費者も利巧にならないと

QOL   クオリティ・オブ・ライフ

今日は

折りたたみ電動バイク椅子

  

ラギーを試乗

結論は、これが介護保険で使えるならば

早速乗りたい

寒さのために押し寄せる激しい痛み

健常者が5分かかる距離を15分かかる

この痛みから開放される喜びを感じる

普通の歩行者の速さから早足以上の速さ6キロまでの速度調節が可能!

左半身麻痺で乗れるか、私が借りた部屋まで試乗

細い歩行者ガードの中を通れる

ちょうど自分の肩の幅くらいの狭い所でも走れる

普通の車椅子では通れない所もスイスイ

何より感心したのは右手一本で前進後進ができること

これは説明書を見た範囲ではわからなかったこと

右レバーを上にあげればバックする

右手一本で前進バックが可能なことだ!

旋回もその場で回れるほど小回りが効く

しかも片手で

改良すべき点はいくつか発見!

スピード調節ダイアルが左側にあること

折りたたみ時

両手を使わないと難しい箇所が2箇所

直ぐにでも解決できそうだ!

販売元クラモトの山田君に伝えてあるので

きっと改善してくれるだろう

  

山田君は好青年

渋谷原宿で

11月に切断ビーナス達とコラボして

ダンスショーを企画していると聞きびっくり!

パラオリンピックを目指す義足のアスリート達が繰り広げるショーだ!

確かこの間ドキュメントで見た少女が

片足で自転車を漕ぐシーンを見たばかり

その少女もこのショーに出るはずだ!

  
切断ビーナスとはショッキングなネーミングだが

呼び名はともかく

QOL クオリティ・オブ・ライフこそ

彼女達の生きる力だ!

自分らしい生き方

個人の尊厳を貫ける社会

そんな文化を発信するこの車椅子

彼女達の生き様

心から応援したい

この動画を見て欲しい

ボストンマラソンの爆発で左足を失った女性ダンサーに希望の義足!

http://youtu.be/_biY_Ei8-GE