すぐにあなたはこのカメラに恋するであろう!

会社が大きくなると

誰にも受けそうな線を余儀なくされる

突出したものを避けたがる

今日はFUJIFILM XE1を持ち出して

レンズはフジノン XF35mm F2 R WR シルバー 170g

何枚か撮れたので

プロの皆さんが絶賛する

色合いと描写力が少しわかるような気がしてくる

まだまだ初心者ですが
 トリミングしてもこの繊細感 
ヒゲの一つ一つを際立つ描写も

柔らかな表情も

  
  
  
金属に反射する光

毛並み一本一本がきわ立つ

久しぶりに光と陰を操るこのカメラの素性の良さに感動してしまう!

紫は各社苦労する色合いなのだが

透明感あふれる紫の花の色合いにうっとり

実物はもう少しくすんだいるが

記憶色以上の色合いを叩き出す!

ここが富士の生きる道と言わんばかり

抜けの良い美しい紫に感心

  
柔らかなボケ

狙った通りの表現力に心が弾む

私たちの心を弾ませてくれるようなカメラに

やっと出会ったような 気持ち

私の幸せの花見〜〜つけた!
 

すぐにあなたはこのカメラに恋するであろう!

よく言ったものだ!

XF35mmF2 R WR とXF27mmF2.8 どっちが寄れるか?

結論から言うと!

35ミリの方です

最短撮影距離は

35ミリは35センチ

27ミリは34センチ

問題は画角が違うので即断できない

XF35mmF2 R WRは53ミリ相当

XF27mmF2.8 は41ミリ相当

実際撮って見ました!

どちらも最大限寄ってみた

XF35mmF2 R WR

XF27mmF2.8

マクロ使ってもこれ以上は

無理

ボケはレンズの明るさと

何枚羽根かでも違う!

さすがに

XF35mmはf2.0  9枚羽根(ほぼ円形)

XF27mmはf2.8  7枚羽根(ほとんどわからない)

結論から言うと

物撮りやポートレートには前者に違いない

とにかくレンズの切れとボケは前者に軍配!

スナップ写真はXF27mmf2.8  に軍配

41ミリの方が自分の目に近い感覚

53ミリは入らない物が出て来る

パンケーキのフードは39ミリ

最近はライカ仕様の穴空きクラシツクフードが格安で入る

広角用が千円前後

昨日頼んで今朝届く

クロネコは私の顔を見て

生存を確かめて、帰っていく(笑)

このレンズは内径39ミリでok!

このパンケーキはオンにすると、ほんの少し前に出る

だからフードも前に出てくる

ピントを合わせると、激しく前後して

うるさいと言われている!

でもバージョンアップでそんな感じは全く感じない(2.61)

E2は最新4.0

海外ではフジフィルムXE2Sがでてるそうだ!(日本では発売されないだろう!)

調べるとバージョンアップでE2がSに変わるそうだ!

このE1のAFが改良されている

特に遅いと感じることはない!

カメラ女子に勧めたい(周りに結構いるので)

このボディーを二万円台で手に入れ(ブラックは高いよ!)

好きな交換レンズを買えば、PRO1と同じ画質が得られる

しかも100グラム軽いのだから、買わない手はない!(笑)