谷中ブルース 

今日は炊飯器が壊れて

ペンダントに続いて

やっぱり安物はダメだ!

と言ってもメーカー物はどれも中国で作らせている

昨日からアルバムの自主制作に励み始めたら

止まらなくなくなってしまった





杖片手にカメラを向けるのは至難の技

それでも不思議な玉手箱

谷中の虜になる

夢中でとった写真は自分の限界を超えて

ただひたすら本能で向き合った作品

レトロの街   門司港を訪ねて

思い出の一枚


半身麻痺の障害者になって、私の愛したミニクーパーを手離す

なんだか我が子にあったような懐かしさを感じた一枚

レトロの街 門司港は、もう一度行きたい

駅が改装中で、可愛い壁画を見ているうちに

迷い込んだお店

ご夫婦が経営されているクレープの店「ウミネコ」

焼きカレーのガレットが美味かった!

奥さんがフランスで仕入れた小物類が癒してくれる

楽しい時間があっという間に過ぎ

写真集にして送ろうと思い立つ

できればもっと余裕を持ってレトロの街を散策して見たい


ウミネコまだやっていますように!




出来上がったぞ!

みちくさ  「くまもんの故郷を訪ねて」

写真集が出来てきた!

確かPowerShot G7 Xで撮った写真です

1インチセンサーの走り!旅カメラに相応しいコンパクトさと解像度は

コンデジとは次元が違う画像を見せてくれる

一昨年九州に行った時の写真を編集して見た

膨大な写真から選び出す時の思いは

溢れすぎて

ゴチャゴチャ

これだけは大切にしたいと思うものは

時と共に

ハッキリしてくる

時が思い出を整えてくれる

震災前に撮っただけに

鮮烈に蘇ってくる

人々の息遣い


旅はその土地で暮らす人たちの

息遣いを感じる事が一番の楽しみ

最愛の友が教えてくれた不思議空間

高瀬蔵


昔々

商人たちが行き交ったお米の取引が行われていた蔵屋敷

薄暗い空間を抜けると

水路が広がる

そこに立っていると

商人達の息遣いが聞こえてくる

恋人の胸に飛び込んだような暖かさに包まれる

写真では表現できないような不思議な空間

高瀬蔵

やっぱり旅一番の空間こそ

大切にしたいと

最愛の友と共に

「くまもんの故郷を訪ねて

片麻痺の私に

みんなみんな優しかった

あれから

まさか熊本城が崩れる震災がくるなんて

何もできない私を許してください

せめて「頑張りましょう」のエールを

心の底から送ります

頑張れくまもん「頑張れ熊本の皆さん」

そんな思いを込めて作りました