LUMIX DMC-TX1

目黒川周辺の桜

何故だかドブに咲いた一輪の花の儚さが

何とも写欲を誘う

散り際が好きだ!

  
娘がこの近くにいるので、今朝1番で送ってくる

ドブ川に散ってゆく様が愛おしい!

 来週が見ものだ!
G9Xの1インチにはまってる!  
 
1インチセンサーを知ってしまうと

やっぱりLUMIX DMC-TX1に再び、触手が伸びる

   
  

オススメのLUMIX TZ85と同じくらいの大きさに2度ビックリ

センサーは4倍の大きさのTX1

 
   
  

  
10倍ズームの威力

  
このサイズにこの重さは私のために作られたように感じて

ニコンDLを6月まで待てずにポチリと行ってしまう!
 老眼にはビューファインダーが内蔵されていて

外付けしかないニコンDLはポケットに収めにくい

  
視度調整の幅と内蔵が何ともシルバー向き

Lumixは、ライカレンズを付けてから

キャノンほど派手ではないが、好みの色に近い

ニコンは透明感があって、あっさり目!解像度重視!

クセがなさすぎて面白くない

ドブに咲く桜の儚さを描くには物足りない

キャノンの1インチは、G9Xに任せるとして
 
LUMIX DMC-TX1のレンズはそんなに明るくない

それでもセンサーの大きさと望遠で結構いける!

 マクロは5センチ寄れる  
 
それなりに頑張れそう!

初期ロットは終わっているので

不具合を調整してくるだろう!

第二弾待ち!今月末には試写できるかも!

手持ちカメラ売っての購入なんで

一銭もかからず

この動画を見て、パリに旅に出たい!

総重量310gとは、いい時代が来たもんだ!

25ミリから250ミリ相当の望遠は

片麻痺にはありがたい一品!

  
足さえしっかりしてれば,このX70にするんだが

欲望の川に沈みそう

イカンイカン!

CP+(シーピープラス)2016開幕

  
   
 行ってみたい

みなとみらい駅なら近そうだ!

でも会場の中が広い

目的を定めて行かないと

片麻痺の障害者には辛い

障害者手帳が無事に再発行されて、このショーにも無料で入れるそうです

ありがたい

でも予めネットで登録すると無料になるようなので

行かれる方は、登録して入場されると良いですよ!

行けるとしたら

パナのTXー1

フジフィルムのX70
そしてNikonDLシリーズを是非手にとってみたいです

既に手にした人の画像が入ってます

  
すげーなみんな

ニコンがタイミングよく

前倒しでの発表は、このショーがあったからに他ならないでしょうね!

小さい

グリップも付いているので、片手取りの片麻痺写真家にとっては

350g位までならG7Xで行けたので

興味津々!

スーパーマクロに期待してる

  

手振れ補正がついてるので

28ミリX70のセンサーには勝てないが、

マクロ等倍の世界の魅力を知っているだけに(これはDL24-85 f/1.8-2.8のみ)

  
超広角DL18-50 f/1.8-2.8 の世界も捨てがたい

マクロも2センチまでという事で実際試してみたい

この大きな目玉付きの超広角レンズがこの重さで持ち運べるのは

驚異的でもある

ステップズーム対応は素晴らしい

  
ビューファインダーも試したい

でも使わなくなるだろうな!?

  
 
アナログ時代は、現像代がもったいなくて一枚一枚

丁寧に狙いながら撮っていたが

このデジタル時代に液晶で構図を狙いながら、シャッターチャンスを予測しながら

数十枚撮った方が躍動感あふれる写真が撮れる

直感を大切にする時代だからこそ

ビューファインダー覗いてなんぞとてもやってられない
結局手離す

ましてこの身体ではのんびり撮れるような体力はないし、

のんびり風景写真なんか撮っていたら

身体がフリーズして動けなくなってしまう

感性だけが頼り

のんびり風景写真なんか撮っていたら

身体がフリーズして動けなくなってしまう

感性だけが頼り

ビューファインダーは諦めよう!

じっくり撮るのだったら

一眼かミラーレスだろう

XPro2も展示されてるらしい

   
 
これだけコンパクトになって、いい時代がやってきた

ライカ風レトロなカメラ好きの女子にもオススメ!

これならじっくり撮る価値がある

365日表現者であれ!

まるで俳優の世界だな

挑戦者Nikon復活

みんな驚いてるだろうな

「365日表現者であれ」

ニコンが狼煙を上げた!!!

アップルがマイクロソフトに挑戦状を叩きつけたように

今度はニコンが!?

わっかるなー!

我が俳優は、東京大阪22公演走り抜けてから

魂の抜け殻だ

次があるというのに

立ち直れるのだろうか ?笑

Nikonも我が俳優も気張らずに

「表現者」としての感性だけは大切に

そうそう!

「スナップブリッジ」という聞きなれない用語なんだけれど

モデルを撮る世界では、当たり前になってるんだよね!

ブルーツゥースでiPadに常時繋げておいて

撮ったそばから送られるので

すぐに出来具合をモデルと一緒に確認できるんだよね

その場でモデルの意見も聞きながら決めていける

それが標準でついているからこそ

「365日表現者であれ」なんだろうな!

iPadProが売れてるのはカメラマン、モデルを囲んで

直ぐに編集に入れるからなんだ!

現場の人がみんなびっくりするこの画面の迫力

そんな現場で使ってくれというメッセージなんだな!笑

行き着く先はこれだろう?

フルサイズセンサー積んだコンデジ

   

 ライカQの後を追って

単焦点28ミリのみのコンデジ

ソニーはズームで既に出していても

ライカの信念は揺るがない

ズームより単焦点の方がレンズを生かせる事を







ニコンの逆襲

立て続けに発表された3台の1インチコンパクト
DL18-50 f/1.8-2.8 New

DL24-85 f/1.8-2.8 New

DL24-500 f/2.8-5.6 New

この3台

クールピクスの呼称を変え

レンズのようなDLシリーズの登場だ!

1番脚光を浴びそうなのは

DL18-50 f/1.8-2.8 ではないか?

3番目のはコンパクトとは言えないので論外

パナのLumix TX1までがコンパクトと言えるのでは

  
18ミリのコンパクトは対抗馬がない

フードをつけると

  
それでも350グラム前後に収めたのはNikonの意地を感じる

もっともNikonらしい機種だ

生き残りをかけてることが読める

こいつのマクロは2センチという信じられないマクロ

1インチのセンサーの限界は5センチなので

18ミリの広角にしたところで勝ち得たマクロの数値なのだろう

もっとすごいマクロは

DL24-85 f/1.8-2.8の方だ!

なんと等倍マクロが可能だとは

本当かな?

等倍とは

※36×24mmの被写体を画面いっぱいに撮影可能という事

  
個性的なアップを狙える

他社は青ざめたに違いない

一気に他社を離しにかかるNikon

高級コンパクトの戦国時代

  
デザインは変えずに、レンズだけを一体化

これからはもっと大きなセンサーを積んで殴り込みをかけるだろう

フジフィルムX70は28ミリの単焦点で手振れ補正無しなので

こちらに食指が動きそう

どちらもカメラ女子にも受けるだろう!

特にDL18-50 f/1.8-2.8は超お勧め

10万前後で1番高い値段をつけている

自信があるのだろうな!

これが18ミリのが画角だ!

  
CP+のカメラショーが今週始まる

そこで展示されるらしい

発売は6月とは?

前倒しでの殴り込み

戦国コンパクト戦場に乗り込むのはいかが!?