クラシッククローム

富士のXシリーズが面白いのは

フィルムシュミレーションモードがあることなんだ!

PROVIA(スタンダード)

VELVIA(ビビット)

ASTIA(ソフト)

この三つに追加されて

クラシッククロームモードがいい味出してるんだ!

「クラシッククローム」は、リアルな表現が持ち味

ドキュメンタリーフォトやストリートフォトに適している

深みのある色合いと豊かな陰影を表現できる撮影モード

花やグリーンには抑え気味な色味に

花とか自然はベルビアやアスティアが良いけれど

街のスナップやシャビーな街の風景にぴったり



というわけでポチリました

中古でXQ1買うなら

このクラシッククロームが使える

XQ2の白が中古で2万円台で手に入ったので

楽しみにしています。

同じ機種を買うメリットはバッテリーを共用できること!

どちらかに不具合があっても

持ち出せること!


このホワイトはツルツルの表面ではなく

シボ加工されているので、滑りにくくて気に入っています。

汚れっぽいけれど

街中繰り出す時は白を持ち出そう!クラシッククロームを使いたくて

(XQ1にはこのモードが入っていない!なぜかソフトアップデートしてもダメ!)

富士の傑作カメラXQは超オススメ!

(両方とも製造終了)

二枚の写真クラシック クロームの色合いです?

柔らかい階調

シャドー部における豊かな陰影

青や緑、赤色などの被写体や背景において色飽和しにくい!


明日届くらしいので楽しみに

タンスの肥やしを取り出す

しまい忘れてた

FUJI FILM XQ1

   
    
  確かカードの認識が悪くて、後回しにしていた

新品のカードを入れたら問題なく認識

手のひらサイズのFUJI FILM XQ1

サクサク取れて

ワンボタンでiPad   iPhoneに簡単に遅れる

   
凄いぞ!

 

FUJI FILM XQ1は既にセカンドバージョンになっている

でも基本機能は変わらず

中古ではほとんど手に入らない代物

特筆すべきは

センサーの性能

誤解していたのは、1/2.3インチと2/3は同じ物と読み違えていたこと

1インチサイズに近い大きさだということ!

センサーはコンパクト機に多く搭載されている1/2.3や1/1.7型よりも大型の2/3型。

Xシリーズの最新鋭機にのみ搭載されているX-Trans CMOSⅡセンサーを、2/3型センサー用に設計・最適化することで、

ワンランク上のセンサーサイズに匹敵する高画質を実現していること

吐き出す写真は道理でボケといい、解像度といい

素晴らしい!

セカンドバージョンでも

30000円以上で売っている

もうすぐ市場から消えるでしょう

買って損はない

中古がでれば即買いですよ!

シルバーの中古が出れば買います!

25ミリから100ミリまでカバーして

25ミリでf1.8の明るさ!

マクロ3センチ

手のひらサイズ

たまには古女房も試してみよう!

きっと見直すに違いない!笑