14vs76  藤井聡太四段デビュー戦

藤井聡太四段14歳2ヶ月でプロ入り

デビュー戦の相手は

加藤一二三   九段76歳なので62歳差の対決に注目

さすがに加藤一二三九段終始余裕の展開

トイレ休憩が歳のせいか頻繁に!笑

持ち込んだチーズをパクパク

盤面に釘付けの藤井君

姿勢が前のめり

盤面上15センチに顔がある(集中するとこうなってしまうそうだ!)

(この辺は余裕があれば姿勢が良くなるだろうけれど、でもプロなんだから姿勢に気をつけよう)

見苦しいし、対戦相手だって見ていたいだろうから、邪魔をすることになるよ!

加藤一二三九段は、負けても相手を褒めるジェントルマン

「藤井君は若いのに大局を見る力がある」  と

内心は自分の不甲斐なさにムシャクシャしてるだろうに

ちなみに加藤一二三九段は

1954年

14歳7か月でプロになっている

たった5ヶ月の違いで大騒ぎするな!

マスコミの話題作りに協力してくれた加藤九段に幸あれ!

昼飯タイムに味噌うどんを食べた藤井君

メニュウーを穴が開くほど見つめて決める

「関西の味噌煮込みと比べて見たかった」

あれ?結構余裕あるじゃん!

頼もしいぞ!
藤井君!!!これから分かるだろうけれど

勝てば良いというものじゃないぞ! プロの世界は!

そのうち分かる
ps

中学2年でプロ入りしたのは、谷川九段に続いて藤井聡四段が2人目です。藤井聡四段と言えば、詰将棋解答選手権チャンピオン戦で2年連続の優勝経験があります。トッププロも参加しているこの大会で、なんと12才(小学6年)にしてプロ棋士を抑えて優勝を飾りました。藤井聡四段の終盤力は、小学生にしてトッププロをも凌駕していたといっても過言ではないでしょう。圧倒的な終盤力と若さと勢いで、今後が楽しみな棋士です。

店長デビュー!


年内は28日まで営業します

年明けは3日より営業します


iPad一つで作り上げる

クレープの包み紙

2017の希望を34年の思いを込めてこの紙一枚に託す

母の死をきっかけに

私の身内に

店長を紹介できる

車椅子で私を支えてくれた青年が注目の的に

瑛久が仕事の関係で来れなくなってしまい(初ミュージックビデオの撮影)

年齢も同じなので、注目を浴びることになる

私の弟からは「兄貴をよろしく」とお願いされ

家族葬でも母は調停委員もやっていた関係で

母のピアノ関係者などが予想以上駆けつけてくれたので

注目の的になる

私の店に来て

一年半の経験を通して

ダラシない生活に終止符を打ち

目標を定め、ひたすらにパティシエとしての技量を身につけ

接客、営業を過不足なく身につける

まだまだ足らないことは本人が一番知っているはずだ

お客様の期待と

未来のクレープアンに対する夢を

瑛久と共に背負ってくれる人間に

育ってくれている

新年を新たなスタートの年にしようと

この包装紙に祈りを込める!

瑛久がこのお店の暖簾を守って行くと誓ってくれた事は

この上ない喜びだけれど

今は大切な時期

俳優業に専念して

歴史に残る作品作りに励んでもらいたい

そんな思いで

私達は、アンのブランドを守って行く覚悟でいます

34年の味を大切にしていきます。

領氏と共に

任せて欲しい!と宣言した瑛久

差し入れに持って行ったティラミスクレープは変わらぬ味だったかな?


無限さんの太鼓に合わせた美しい剣舞を披露しながら

大太鼓に向かう

息を飲むような無限さんとのコラボレーション

無限の子太鼓とのコラボは、予想以上の感動が押し寄せ

休憩中も茫然自失

チリ紙を何枚使ったろうか!?

これからも芸を磨きながら豊かな人間性を育て、悔いのない人生を送って欲しい!

薬物疑惑の俳優 成宮寛貴(34)君が引退との速報が今はいる

「この業界バカばっかり」と古賀社長が言ったようなことが

次から次にニュースで放送されている

魔の手が至る所に潜んでいるこの業界

芸能も飲食も同じ!

弁護士の父は他界してしまったが

地上げ屋から

私達を守っていただいた弁護士の松浦先生をはじめ

署名活動までしていただいたお客様

私がこの世を去っても

力を合わせクレープアンの応援団の皆さんと共に

続けてくれることを祈っています。


思い出はクレープと共に

人類は同じ過ちを繰り返す!

成瀬ペダルを紹介した矢先の痛ましい悲劇

一人取り残された娘さん

目の前で両親が暴走した車にひかれる

しかも病院の中にいて

今日も心筋梗塞での暴走!p

何人殺せば済むのだろうか!

踏み間違いだけでも毎年7000件以上あるという

ワンペダルは1つのペダルに足を置いたまま操作します。足を右に傾けるとアクセル。踏めばブレーキ!

政府は成瀬さんの特許を買い取って

量産して、60歳以上の車の運転に使うように提案したい

成瀬さんも人類を救うために

そうでなくとも

人口が減りつつある日本のために

政府に協力して欲しい!

国民はこの特許を買い取るための資金集めをしたらどうだろうか!

少しでも悲惨な事故を避ける意味でも!

心筋梗塞も認知症も前からはやってこない

始末に負えないのは認知症だ!

徐々に

ジワジワくる!!!

免許証更新時にわかる範囲は限られている

認知症でなくとも

とっさの事態に錯覚はどんな人にも起こりうる

このツーペダル方式はマニュアル時代の延長!

オートマになってからも変えようとしない

そんな危険なものを野放しにする人類の馬鹿さ加減には

呆れてしまう

こう言ってるうちに

ブレーキ痕がないタクシーが歩道に乗り上げ犠牲者が!


「片側3車線の外苑西通りを走行していたタクシーが前方のバイクに追突。周囲を走っていた乗用車や軽自動車を巻き込んだ上、歩道に乗り上げ、交差点近くにいた自転車や通行人をはね、街灯に衝突して止まった。交差点の信号は赤だったが、現場付近にブレーキ痕はなかったという。」

心筋梗塞の疑いがあるそうだ!

アクセルペダルに乗せたまま意識を失えば、こういうことは起きる

成瀬ペダルならブレーキペダルに足がいつも乗っているので

こんな悲劇は避けられる

斬劇  都知事選 「記者クラブ変」

火花散る記者会見!

  
1つは鳥越対宇都宮

2つ目は小池対増田

宇都宮さんは出てこないと見ていたのに

最後に入ってきましたね!

私の父親が弁護士だったので(他界)

人一倍プライドの高い人と見ていたので

鳥越氏の政策も聞いていないのに

党の降りろに従うのは、なっとくいかないだろう

せめて記者クラブで聞いてみようと言う姿勢に見える

せめて自分の政策を聞いてもらいたいだろうに(記者クラブはそういう所ではないが)

その点政策明快で共産党が推薦するだけの政策展開

一方の鳥越氏は、大雑把であるが大局を見ている

ある意味、ここで細かい政策論争しても

結局やることは宇都宮氏が指摘したことが中心になる

(限られた予算でどこに重点を置くかだろう)

論理派宇都宮氏、現場派派鳥越氏

その後論理派宇都宮氏が現場派鳥越氏に会う

大局を見据えて、立候補を断念することを発表

宇都宮氏は男をあげました。小異を捨て、大同につく

戦国を乗り切るには、必要な事

今回のドタバタで、1番男前なのは小池さんかな!

増田氏の劇場型批判は当たっているだろうが

それを引っ張り出した小池さんの質問

「自民党は私を推薦しないで増田氏を推薦するのは何故ですか?」

党内のことはわからないだけで、逃げようとした増田氏

食いさがる小池氏に

小池さんは劇場型だからじゃないかまで言ってしまう

すぐに謝るも、はっきり言ってしまう

さすが4人とも、戦国武将にふさわしいサムライ達

このバトルずっと見ていたくなる

その続きは

斬劇「戦国バサラ4皇」本能寺の変をご覧あれ!

今週土日月大阪で繰り広げる5ステージで戦国武将達の野望と陰謀

鳥越氏に見る、病いを押しての捨て身の闘いの伊達勢

泰然と構える増田氏の信長勢

後ろでニヤニヤする宇都宮氏の後藤又兵衛
  
なんてタイミングなんだろう!

皇(すめらぎと読む)の生前退位はびっくりしました

法律改正が必要な事(皇位継承は崩御の時に限定されている)

象徴であるべき天皇の口から出てくるのは

国事行為が憲法で決められた範囲に限定されているので

本当に言ったとしたら、憲法違反になってしまう

逃げに回る宮内庁

「そんな話は聞いていない」

出何処はNHKだが

憲法に関わるとこなので、

時の政権が仕掛ける事もある

象徴天皇から国の元首へという流れが見え隠れする

いずれにしろ若者が

真剣に憲法を勉強し

国の未来を決める中心にならねば!

いい加減にしてきたおいら達の責任だが

残り少ないのだよ!

あと10年かな

斬劇「鳥越の乱」筆頭 鳥越政宗よりは長生きしたいものだ!

この乱世を見届けなければ

死んでも死に切れんぞ!

皇(すめらぎ)の乱」にまで及んで

小池さんの出馬宣言

思うに

桜井氏の説得にもたもたしている間に

小池百合子さんが業を煮やして出馬を宣言

なかなか策士と思う

確かに桜井氏の出馬には無理がある

せっかく都庁を勇退して、第二の人生を歩もうとする桜井氏に

自民党は何度も口説きにかかるが

与野党が一致して推薦してもやりたくないだろう

元舛添知事の太鼓持ちが

いっぱいいた都庁

何を好んでゴミ掃除しなければならないのか

定年後にいっぱいやり残したことを家族と共に過ごしながら好きな様に生きたいだろうに!

それだけの余裕を老後にとっておいたのに

何のためのお役所仕事だったのだろうか

そんな気持ちで退職しているのに

そんな櫻井氏を担ぎ出そうとする

小池さんが言うように「気の毒」

私もそう思う

海外出張にあれだけの費用をかけることを

見逃していたばかりでなくて

一緒に同行していた放漫経営の株式会社「都庁」に

戻りたくないのが、自然の成り行き

そんな都庁を改革するには行政官の役割でないだろう

政治家としてのパッションある人がやるべきだろう

業を煮やしての小池さんの出馬宣言

「男ならやってみろ

やれないなら私がやってやる

乱でもなんでもない

政治を志すものの宿命だろう」

そう聞こえるような出馬宣言

我こそはというものが出てくるような気がするが

もう遅いのではと思いたくなるような

小池さんの出馬宣言