稔るほど頭を垂れる稲穂かな

待ってました

ベイビーステップ第9話配信!

プロを目指す荒谷選手とぶつかる準決勝!

正々堂々と自分の力をぶつけたい主人公のえーちゃん

しかし周りは圧倒的な力の差を認め

荒谷選手の弱点を突いて

相手のペースに巻き込まれないようにとアドバイスを送る

前の試合で戦った宮川卓也からも

自分にとっても、相手にとっても

弱点を攻めることは

お互いの成長につながることだからとアドバイスをする

人は負けることで成長し

勝てば安心するが

勝てば勝つほど慢心が心を支配する

俳優も同じ

主役を何回かこなすうちに

慢心が押し寄せてくる

だからメールで息子に必ず伝えることがある

それは

稔るほど頭を垂れる稲穂かな

「スタッフさん、裏方さん、共演のキャストさんに感謝を忘れないように」

パラ五輪でメダルを取った人たちに共通するものは

まさにそこにあると感じさせられ

いつも感動が押し寄せてくる

なんて謙虚で、前向きなんだろうと

私もそうありたいと思い70年生きてくる

でもなかなか難しいと感じている

せめて息子だけでもそんな人間なってもらいたくて

ここまでやってくる

どんなに演技が上手くなっても

その人間性の枠でしか演じられないことを

知ってもらいたくて

上手いと言うことと

リアルに役に生きることとは全く違うと言うことがわかるまで

もう少し時間と実感を下さい

毎回そこに向かってできることを全てやって

準備を怠らなくとも

人生でその輝ける瞬間はたった一回かもしれないけれど

そこに向かって努力を惜しみなく続ける事が、俳優の義務に違いないから

背中で演技できる俳優になれる日を夢に見て

俳優 塩野瑛久は今日も舞台に立っている(札幌公演二回目が始まる所)

その瞬間を目撃したくて東京から札幌まで

観劇に行かれた方を知っている

本当に頭が下がる思いです

私が観劇した舞台で、その次元を目にしたのは

直木賞作家の奥田さんが描いた原作

「純平考え直せ」

再演を希望しています

演技に迷える時代だからこそ

内面とシンクロして

涙と鼻水でグシャグシャになっても、

自分の内なる心をぶっつけるシーンには

激しく心を揺さぶられ、

その瞬間を目撃できたことは

一生忘れません!

あれが最初で最後かもしれないほどの演技

モニターを見ていた共演者のみなさんも

一緒に泣いていたと言う

再演してほしい

11月の紀伊国屋ホールが楽しみ!

あの時は19歳で初座長の重荷を背負い

緊張の連続で余裕はないように見えても

堂々とした演技に腰が抜けそうになったのを覚えています

今年はちょうど原作の純平と同じ21歳

ドンピシャではないでしょうか! 森岡監督よろしくお願いします

あの時は、ヒロインの女優さんが倒れ、森岡監督の娘さんが同じ事務所ということもあって

ピンチヒッターを務め大絶賛されたのです

森岡朋奈さん20歳 期待の新人です

2人の成長が早く見たいです!

シリアス性ばかりでなく、エンターテイメント性も備えた

森岡監督が原作から書き下ろした脚本はすばらしい出来です。

まだ決まった訳ではないですが、期待と希望を送りたいと思います。

決まれば、その勢いで映画化まで突っ走って欲しいと思います。

夕張映画祭で直接お聞きしたお話を

今でも忘れません

ベニシアさんの四季の庭

  
ベニシアさんの生き方に共鳴して、単行本を読んだ印象と

NHKが製作したこのドキュメントからは

全く異なる世界を知る

想像をはるかに超えた、苦難の道を歩んで来たことがわかる

終の住処とした大原の自宅を中心に

  

四季の移ろいと共にベニシアさんの心の移ろいが

   
 坦々と刻まれ、私の心に染み渡る

美しい自然が突然牙をむく様に

ベニシアさん自身の人生にも家族にも押し寄せてくる

様々な苦難

情熱的な恋愛、結婚、出産、離婚、再婚、出産

勿論隠さなければならない事情がいっぱいあるに違いない

それでもこのドキュメントは

包み隠さず大原の自然のおおらかさに寄り添い

可能な限りオープンに語りかけている

表面的には穏やかでおおらかなベニシアさんでも

想像を超えた人生の山を登って来たからこそ

   
   
大原の自然に抱かれて、安らぎを求めたのだろう

最初の結婚から2人の子の出産と

長女の統合失調症とわかるまでの苦悩

   
 離婚して子供2人を育てるための経済的な自立

自分も経験者だけに痛いほどわかる

ベニシアさんの心の変遷

英会話教室、や執筆活動を通して

生活をやりくりする

同じ様に自然を愛し、山登りが好きな男との再婚

ベニシアさんは穏やかに見えても

その気性は、いつも熱くチャレンジをやめない情熱の塊だと思う!

そうでなければ数々の試練を乗り越えて

来られるわけがない

自然の中に人生の悟りの様な物を見つけながら

   
    
 登山家の御主人の浮気や落下事故を乗り越えるところまで描く

 

 

大原の自然とベニシアさんの生活を通して

全てを吸収しながら悟っていくベニシアさん

だからこその彼女の生活が愛おしく尊いものなんだと

気がつかされる

このドキュメントは

ベニシアさんの「悟りの庭」

   

    

 
   
    
 
ベニシアさんの悟り

「大切なのは、何が起きたかではなく、それにどう対処したかである」

   

  
    
    
だからこそ

子供たちはたくましく育ち

お母さんの悟りの庭に集う

  
   

  

  

  

  大原の自然とベニシアさんの庭を通して

私は多くのものを教えてもらう
人生は美しい

   

    
 

東京センチメンタル最終回

最終回にふさわしいマドンナは

広末涼子さん

紀伊国屋ホールで上演されている

舞台「小さな結婚式、きっといい風は吹く」

どちらも終わってしまう

ま!仕方ない

人生には終わりが例外なく来るのだから

それだけに

両ドラマに共通するテーマがシンクロしているように思う

それは結婚と恋愛とは違うのか?

今回のマドンナは

よる歳の波から(表向きは)結婚を急ぐ

上野精養軒で二人だけのお見合いをすることになる

乗り気のないたくぞう

 俺恋愛のないお見合いはしたくないんだよな〜!

 
お見合いの相手を見て

クラクラするたくぞう

  

メラメラと燃える恋の炎

不忍池でデートにこぎつける 

いつものように首からライカをぶら下げて

この姿は今回で最終回  寂しいな!
  

  
不忍池って、こんなに美しかったっけ

この番組のカメラマンの審美感は確かだった

ボケを大切にするカメラマン

望遠を多用しながら、キャストの内面を引き出す

上手い!

センスの良さにいつも感心させられていた

来週から見られないなんて悲しい!

どうだろう
同じスタッフで
高畑充希ちゃんの東京ヤングラブストーリーなんてどうだろう
恋人役に塩野瑛久で!?笑
  
 

恋愛の第一歩

手をつなぐこと

キスをすること

ソフトクリームを食べながらチャンスを待つ

男って可愛いいものだ!

  
ほらここまで行ってるのに!

その結末は置いといて

よく鍵をなくすチカにたくぞうがもってきたプレゼントから 

 
この回のクライマックスに突入

彼女の過去につながるお見合いに踏み切ったチカの心情

   
    
 
美しい不忍池に秘められた彼女の過去にシンクロするたくぞう

真実を話してくれた彼女によりそいながら

再び立ち上がる

手をつないで
  
こういうところ好きなんだなー!

 
 
無情にも別れの時間はやってくる

  
一旦帰りかけるチカ

たくぞうの優しさと包容力に

戻ってきて望んでいたキスを

いやこういうのは接吻という方がしっくりくる

驚くたくぞう

  
  
しっかりと

しっくりと

これが大人の恋 

橋の上での接吻が続く

二人が初めて恋をする

このまま時間を止めて

たくぞうはそう思ったに違いない

いや!?そうはいかないよ!?

そうはさせないよと邪魔をしたくなる

隠された秘密

それを乗り越えたら

また日は昇る

その時まで

いいなーこのシチュエーション

教えない

DVDが出るので買ってください

「小さな結婚式」でも

末期ガンのお母さんの前でウェディングドレスを着たさくらに

拓海は勇気を振り絞って永遠の愛を誓い接吻する

男はいつまでもロマンチスト

恋愛のない結婚なんて

キスのない恋愛なんて

今日は2ステージ

明日は千秋楽

紀伊国屋ホールへ駆けつけよう

ティッシュボックスを持って

   
 

DVDも出るので

多分チケットは売り切れだろうから

DVDでどうぞ

結婚と恋愛

人類一生のテーマ

世代を超えたテーマを御覧あれ!

拓海とさくらの結婚を通して

見えてくるものに涙なしにいられないだろう!

涙が出ない人は、相当に心が病んでいるに違いない

大川小学校の悲しみ

今日は福島で「未来のカケラ」上映会が開かれる

  
石巻市の大川小学校で生徒74人と先生10人が

震災の犠牲になったのは、記憶に新しい

   
    
 その校舎の保存か解体かで悩む石巻市の皆さん

避難指導のあり方が訴訟になっている中で

二者択一を迫られる

未来を見据えるならばこそ

残しておきたい気持ち

いつまでも心の傷として残しておきたくない気持ち

その相克の中で混迷する市民達

何ともやるせない

是非あなたも考えて欲しい

どちらの立場にとっても

建設的な方向を

未来のカケラを少しでも残して置けるならば

私の考えは

校舎の一部を残し

その中に幸せの鐘を設置するのはどうであろうか

写真の左のほうにある丸いドームみたいなものを生かしたらどうだろうか!?

あの中に犠牲者の名前と校舎のカケラを壁に埋め込んで

中央に鐘を吊るせる様に

天井は解放して

災害時には警告の鐘になる

未来の鐘として

そこで石巻市民が催し物や結婚式として利用できる施設を併設するのはどうだろうか?

おそらくそういう提案も出ていると思うが

具体的に第三者が提案することによって

魅力ある提案になるかもしれない

もう少し踏み込んで考えてみよう未来のカケラ

  

マイ ファニー バレンタイン

三時のおやつにチョコレートが食べたくなる

新製品が届いたので、早速試食

   
 
濃厚な抹茶チョコに包まれたブラウニーがしっとりとうまい!

さすがブルボン!

紅茶を入れていると

「マスター」とお店から声がかかる

「バレンタインチョコ! どうぞ!」

お〜〜!    ユウコちゃん!

幾つになっても嬉しい!

  

ずっと我が身を案じながら、いつも寄り添ってくれる

我が愛しのマドンナ

いつも変わらぬ気持ちをありがとう!

あの過酷なリハビリから戻った時も

お花を持って真っ先に駆けつけてくれたね!

君の優しさが、ずっと支えてくれた

駅前にある歯医者さんの受付の彼女

結婚してからもずっと

「マスターのクレープは世界一です」

そう言ってズーッと愛してくれた

私でなくクレープだろうけど

でもその優しさをギュッと抱きしめたい

まるで昨日の「東京センチメンタル」のように

そこまで行っているのに、最後が踏み切れないくるり屋の御主人

昔修業した和菓子屋が潰れかかっているのに

お店を立て直そうと声をかけてくれた娘さんは、未だ独身!

どうしても踏み切れない主人公

潰れかけたお店で働く高校生に「意気地なしとまで言われ

お店に帰っても責められる

小娘に言われたくないと反発すれば

たった一人の女性をものにできない55の男に言われたくないとまで

罵倒されるも、「ハイ!次行こう」

と!55の親父が慰められる


「新井薬師寺編」の東京センチメンタルっp

結婚したかったとまで言われて踏み切れない男を後にして

橋の上で泣き崩れるシーンは良いねー!

薬師寺の哲学堂が変わらぬ姿で二人を見守る

  
ペーソス溢れる新井薬師時編

   
 手前のボケが良い味出してる!ボケはボケでも写真のボケは最高だ!

DVDが出るらしいので、ぜひ見て欲しい!

こんなシーンやあんなシーンが 満載

永久保存版ですよ!

特にシルバー世代の強精剤に!笑

   
まだまだ泣かせるよ!

ハイヨーシルバー!!

追記

駅前にある彼女の歯科医院が

17日放送の「おじゃマップ」に出るそうです。