ビデオ判定に振り回されるバレーリオ五輪予選

何とも興ざめなビデオ判定

せっかく波に乗りかけた会場と選手

判定までの気不味い雰囲気

ビデオ判定を巧みに利用するタイ代表の監督

指一本触れたかどうかの判定を巧みに利用して

波に乗ろうとする日本代表のテンションに水を指す!

試合続行中や5秒ルールにおかまない無しに

勝つためにえげつないやり方!

とうとう審判も切れてレッドカードを立て続けに2回も

第5セット

一気に流れが変わる

4:12(この時点で諦めた人は多いだろうに)

圧倒的劣勢

あと3点でリオ五輪を掴みかけたタイ代表

タイ代表の成長は目を見張るもの

守備も攻撃も日本より上

特に後陣をつく低くて速いサービスの正確性は特筆ものだ!

あのサービス対策が全くできていない日本

守備に練習の重点をおいていたようだ!

第4セットから対応し始める

遅いよ!

セッターの宮下が気がつく

宮下も負けずに

バックラインギリギリをつくサービスを連続する

狂い始めたタイ代表の守備陣!

それまでジッと耐えていた宮下の怒りが

大逆転を産む

控え室で選手をハグしながら喜びを表現する眞鍋監督のハグを

嫌な顔で対応する宮下選手!

明らかにタイ代表の監督のやり方に冷静さを失っていた日本代表の監督

「私がこんなに苦しんでるのに、何をしていた監督!」

容易に読める宮下の感情

タイ代表を舐めていた様に感じる日本代表監督

(最初のセットからエースを出さなかった、左小指を痛めてるとはいえ)

試合に勝って、審判に負けたタイ代表

眞鍋監督はビデオ判定の使い方を研究すべし

もっと宮下とのコミュニケーション取らないと

美しき涙  

エース木村はもっとチームを引っ張れ(アイドルじゃないんだから)

宮下選手との連携を深めないと

リオ五輪は遠ざかる!

159センチ身長で挫折復活した竹下選手から学ぼう!

177センチ恵まれた才能の宮下選手

戦犯とまで言われた竹下選手の苦悩に比べたらまだまだ

もっともっともっと苦しめ!

ロンドンを超える色を目指すなら

母は強し荒木選手

リオ五輪予選最後の関門がやってきた!

若手からベテランまで

持ち味を生かして

強敵ペルーにストレート勝ち

その中で荒木選手の判断力、ブロック力、経験が

どんなにみんなを支えているか

2歳のお子さんを抱えて

ここまでやってきた

ママさんパワーに

どんなに救われているか

特に引退をほのめかしていた木村選手を

奮い立たせる存在感を醸し出している

日本のスポーツ界に言えることだが

結婚即引退の図式を覆えす選手がいっぱい出てきてほしい

ただ今回の代表選出の基準が

ダブルスタンダードでわかりにくい

何だかな〜と思うのは、私だけでないようだ!

簡単に言えばアジアで一位になれば良いのだが

二位でも救済される余地を残してある事が、分かりにくい所

そこで世界ランクを見れば、分かりやすい

日本      5位

ドミニカ共和国 7位

イタリア    8位

韓国      9位

タイ      13位

オランダ    14位

ペルー     21位

カザフスタン  26位
放送日は

5月14日(土) フジテレビ系列
日本 – ペルー

5月15日(日) TBS系列
日本 – カザフスタン

5月17日(火) フジテレビ系列
日本 – 韓国

5月18日(水) TBS系列
日本 – タイ

5月20日(金) フジテレビ系列
日本 – ドミニカ共和国

5月21日(土) TBS系列
日本 – イタリア

5月22日(日) フジテレビ系列
日本 – オランダ
今日見る限りは

韓国のエースの出来次第で変わるが

総合力でアジア代表は間違いないように思いたいです  笑

そう確信させる荒木選手の復帰なのでした。

母は強し!