超開放的な車  はコムス

自然を感じられる、地球に優しいミニカー


車の原点のような

というよりバイクにも似た開放感

コムスの存在を知ってから

自動車免許を返上しなくて良かったと思う今日この頃

足が不自由になると

シルバカーは欠かせなくなるが

なんせ乗り心地が悪すぎる

せっかく免許があるなら

畑道や山道を自然を感じながら走りたい

息子を連れて毎年のように行っていたキャンプ

大自然に抱かれたいのは、人間の自然な本能であろう!

最低限の走りが保障されている

最大60キロで走り

ディスクブレーキを備え

四輪にサスペンションが付き

ハンドルとパーキングブレーキを備え

車として最低限の機能と

30キロまで載せられる荷台があり

必要なものは、自分で追加していけば良い


様々なバリエーションがあるが

ベーシックこそがモダンでおしゃれな車

人間も車もゴテゴテしたものは大嫌い

洗いざらしの木綿のような人が好きだ!

家庭用充コンセント6時間の充電で50キロはしるという

 昔から大きなワンボックスカーに一人で乗ってる人は

たくさんの税金をかけるべきというポリシー

狭いこの日本で普通の駐車場に二台以上は入るこのミニカー!

車庫証明はいらない

自動車税は軽より安い2500円


バッテリー交換費用は使い方次第で5.6年は持つ

2万引くと年間35千円で済む

政府もやっと重い腰をあげる

各社が参入するだろう!

真っ先にトヨタが発売したのがコムス

68万から

エコカーとして7万円の補助が出る

日本での車を利用する人は

年間平均一台あたり乗車人員は1.3人というデータが出ている

車検や車庫証明不要。更に重量税や取得税も掛からない

車検もいらない
1キロ当たりの燃費が2.4円
50万切れば普及間違いなし

でも思うに今から使えばどれだけ家計の負担が減るか考えると

7.80万の価格でも充分元が取れるだろう

全長2.4メートル

全幅1.05メートル

この走りにはびっくり

コムスで峠道を走る!

http://youtu.be/0wmj2nka_Ok

こいつも小さな巨人だ!

息子よ!

古希の祝いにコムスなら小遣いで買えるだろう?

楽しみにしてるよ!笑