クロアチアはロシア大会で

3回のPK戦を勝ち抜いた強者!

延長で決めきれないと負けを覚悟する

エンリケ監督に言わせれば

選手に1000回の練習をさせているという

そのエンリケも延長終了間際に

PKに備えて選手を交代させている

その選手が止められているのだから

益々PK戦の難しさを痛い程知らされる

モロッコのGKは左右にフェイントをかけ

スペインは体重をかけた逆方向に蹴る

それを読んだ掛け引きをしている

ボールにアプローチするまでの間に

騙し合い、駆け引きは

一朝一夕にできるものではない

ましてPK戦をやった経験の少ない選手にはなおさらだ!!!

あのブラジルでさえ必ず試合前の練習で

PKの練習しているのに

ポイチ監督がさせているのを見た事ない

そういう意味でヨーロッパの激戦を体感していない監督の弱点が露呈したと言える

オシム監督はPK戦が決まると

ロッカーに閉じこもってしまう

それほどの名将でも避けたがるのだから

ここをハガネの心と駆け引き、シュートの質を向上させることは、個人に任せるのでなく

チームとして習得させるのが、近代サッカー

相手のキーパーの性格、技術、クセ

全てを分析してチームに刷り込んでいたのが

モロッコだった

その士気の高さや選手の特性から

監督自ら順番を決めて配置せねばいけない

エンリケ監督もそうしている

その上で負ければ

選手の責任ではなくチームの責任として

監督が負わねばいけない使命なのだ!

そう意味でポイチ監督の続投は

あり得ないと思っている

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。