ボンヌママンのマロンでモーニング

Scroll down to content

忘れられないパリの味

最初は甘過ぎると思ったが

北海道札幌の緯度と同じくらいのパリでは

この甘さが必要なんだと分かるまで 

時間はかからない

溶けるチーズもどっさりと

クレープに入れる

カフェオレ、珈琲の組み合わせは最高!

テェック柄の蓋が懐かしい

味は変わらない

和栗っぽい味

このビンが懐かしい

食べた後も小物入れに可愛いビンが似合う

これで32円は安い

国産和栗は高いだけ

ボンヌママンはパリの味

大統領選中

フランスはNATOに入らないような流れになっている

ヨーロッパは複雑すぎる 

陸続きだから

自由のために先頭に立ったのは

ジャンヌダルク女性

パリの石畳は血の匂いがする断頭台、火炙りを恐れず

戦えるのは女性なんだよ!理屈を捏ね回す男

いざという時に覚悟が足りないマザコンの塊

介護に疲れて自分で自分の首を締める前に

介護制度を利用しよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。