藤井聡太四冠は時間の使い方が上手くなっている

相手の時間も良く頭に入れながら

長考に走る時は

絶妙なタイミングで入ることができているように思う

渡辺王将はそこが経験豊富

そんな王将に考えさせる一手を打つ事も

攻める手も守りを兼ねた攻め手を常に頭に入れている

そんな大局観がいいなと思う!

孫子の兵法は勝負事やスポーツなどで応用できる

ただ単に技をかける時には大局観、タイミング、時間など全ての要素を取り込んで、ますます奥が深くなっている

3局の戦いを観戦しながら

地下鉄路線と見せかけながら

反対サイドの攻めから敵陣を突破する

相手に手を渡したくない時は

侵掠如火(侵掠すること火のごとく)

突入して行く!

最後の詰めでは

皮を切らせて肉を断ち、肉を切らせて骨を断ち、寄せきった。

変幻自在!面白い!

其疾如風(その疾きこと風のごとく)

 其徐如林(そのしずかなる、こと林のごとく)

 侵掠如火(侵掠すること火のごとく)

 不動如山(動かざること山のごとく)

 難知如陰(知りがたきこと陰のごとく)

動如雷霆(動くこと雷霆のごとし)

将棋に興味がないシルバーを虜にする魅力に溢れている

藤井聡太四冠が19歳である事を忘れさせてくれる

臨機応変さは人生の哲学そのものだ!

大上段に正義を振り回す老人は学ぶ所満載!

PS

後でわかった事だが

藤井四冠羽織の裏には

雷神が!

動くこと雷霆のごとし

渡辺王将も圧倒されていたようだ!

まだ王将にも手が残されていたにもかかわらず

投了!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。