キャロルキングのつづれおりを聴きながら

Scroll down to content

キャロルキングは御歳79歳

司法試験の勉強をしながらよく聞いていたキャロルキング

東大紛争から反戦の時代を経て

ロックの新しい波

心の内側に向きながら

安保闘争で亡くなった親友と重ね合わせながら

キャロルキングの弾き語りを聴く

美濃焼に入れたミルクティーの味は格別!

彼女は75歳の時に

ロンドンのハイドパークで

再びわたしたちを熱狂させる

その声量と迫力はライブ会場を埋め尽くした観衆を

圧倒する

顔からはみ出るくらいの唇と大きな口から

懐かしい曲が炸裂する

ゴスペルソングのようにも聞こえる

平和を祈るかのように

79歳になった今も

3回の結婚と子供達に囲まれながら

どこから生まれてくるのだろうその魂の叫び

抑えながらも淡々と

タペストリー  つづれおり

人生のつづれおり

いまだに彼女の心のひだはわからない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。