サンサースを舞う

Scroll down to content

サン=サーンスは天才すぎて孤独を歩んだ音楽家

衝撃の111.31

初披露となった曲は「序奏とロンド・カプリチオーソ」

足の故障と言う

孤独のトンネルを抜けて

昨晩の羽生結弦の演技と曲の選択に

深く感動して

少年の頃のように

純粋な涙が溢れる

この曲を選んでくれた芸術家 羽生結弦の感性に

尊敬から畏敬の念に震える

氷上の芸術家

点数とかメダルの色なんて

どうでもいいと思わせてくれる芸術家に

出会えた喜びと幸せを

あの世に持っていける

ありがとう羽生結弦君

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。