聞きなれないメーカー

モノクローム

Amazonが提案する製品群らしい

試しにラジオを購入

リチウム電池が内蔵され、単3乾電池2本で動く

切り替えスイッチが裏面にあり

充電池を利用すると24時間利用できる

アイワの単4電池と比べると

この大きさの違い

どちらもDSPラジオなので感度は申し分ない

AMもFMもどちらも良く入る

ただ欠点はバッテリーの消費量がアナログの半分くらい

マイクロUSBに繋げるモノクロームは

充電しながら聞ける(500mA2時間充電!この軽さに抑えるにはこの位でバランスは取れている!単3電池に充電池を使えば鬼に金棒!心配だった充電池を入れて蓋がしまるか?中には蓋が壊れてしまったことがあったので

無事に収納できた!)

アイワの方はイアフォンで聞くとステレオ対応

モノクロームはモノラルだけれど

スケールの配置が合わせ易い

何より良いのがスピーカーが6.4センチを目一杯ギリギリまで

配置しているので、とても聞きやすい

同じ価格帯のPanasonicやSONYに太刀打ちできる(SONYのスピーカーより大きいし、出力も少し上をいく!)

SONYも可変バリコンを使ったアナログチューナーをやめて

同じ価格帯をDSP化している

差別化は音質、デザイン、ステレオ化になってくる

ぼくはこのデザイン昭和レトロの雰囲気が気に入った!

スピーカーで聞く分には圧倒的にモノクロームに軍配!

この丸みが最高!

かわいらしい奴だ!

スピーカーも笑っている様な配置もなかなか(バッテリーの関係で

中央に配置できなかったようだ!

でもこれでヨシ!笑

男は度胸!女は愛嬌!(良く研究されていて感心!ステレオ対応だったら

ヒットするのては!BTスピーカーにつなげると、あっという間にバッテリー消費するので、電源につなげるのは何よりだから!)

1768円也!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。