お得なFMステレオの楽しみ方

Scroll down to content

格安で最上の音質で楽しむFMステレオ!

この1、2年でラジオの進化は、DSPの普及により

電気的チューニングよる選局が主流に

だからラジオによる感度の差はほとんど無くなって

安いものでは1000円台から7、8千円台まで

デザインにお金をかけるかどうかになる

この写真のラジオは、AIWAと中華ラジオの違いは

単4か単3電池違いだけなのかも

どちらも16ワットのBTスピーカー左右8ワットの出力で鳴らせば

えらい迫力のステレオを鳴らすことができる

そうなるとデジタル表示してくれる2000円のラジオならば

アンテナが長くて、電池がなくとも電源に繋いで聞けた方が良い!

自動選曲でFM.AM各チャンネルを20曲ずつ記憶してくれる方が便利!

単3 2本入れておけば緊急時に使える!

でもDSPラジオは、電池の減りが早いので

電源使える方が普段使いには節約になる

どちらにしてもFMステレオとブルーツースが使える

この組み合わせは最強の音質が得られる

11月5日にSONYはこれまでの可変バリコンによるチューニングをやめて

デザインは全く変えずに、電気的チューニングにした

ICF-P27、P37を発表!

だったらチャンネルを保存できる中華ラジオを買って見たら

日本語解説もまともになり、外観はそれなりだけれど

5センチスピーカーはまともだし、イヤホンがステレオ対応のカナル型が付いて、2077円のステレオラジオをBTスピーカーに繋げて、秋の夜長を楽しんでいる

お得感も満足感も高い

ラジオのアンプでは足りない分を

左右独立の8ワットのアンプて鳴らせる

スピーカーを備えたラジオは、高級ステレオと言っても良い音質

ロックからクラシックまでなんでもござれ!

ラジオとBTスピーカー合わせて、5000円以内でステレオを楽しめる

お得なFMステレオの楽しみ方をあなたへ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。