父方の実家の庭には

大きな無花果の木が

毎年木に登って

みんなで食べた味は

深く心に残っています

フランスでは乾燥イチジクを使って

ケーキなどをアレンジしています

無花果はフランス語で FIGUE

そこでクレープアンでも生のイチジクを使って白ワインで煮込んだ

コンポートにして

クレープに封じ込めました

カスタードを練り込んだ生クリームに

ベストマッチな味になりました

ひと口だけ食べてみても

ブワーと口中に広がる故郷の味が

思わず食べながらため息が出ます

懐かしい故郷の味が凝縮され

見事にクレープと調和しています

クレープの本場でも

ケーキなら体験しているが

一度も食べたことない

無花果クレープ

故郷の香りとイチジクの旨味を凝縮

新しい発見をあなたへ!

懐かしさと新しさを

クレープアンのフィーグコンポートで!

FIGUE CREPES=無花果クレープ

閉塞感の漂うこの時代に

あなたを解放してくれるでしょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。