運命の100メートル決勝は25日

Scroll down to content

25日午後20:30分に運命の瞬間が!

9秒台の選手が4人

オリンピック標準記録を突破した選手が5人

上位3人が代表になる

9.95 山縣亮太21

9.97 サニブラウン・アブデル・ハキーム19

9.98 桐生祥秀17

9.98小池祐貴19

10.01多田修平21

当日9秒台は出るか

追い風次第だが

私見だが、

9.95山縣亮太選手の記録は

追い風を調節するブラインドが設置された競技場で

2メートルを超える追い風があるとブラインドを調節して

送り込める装置を作動させたため

追い風2メートルをジャストにスタートを切れたことを知ってる人はあまりいないだろう!

国立競技場はそんな装置はつけていない

自力勝負の世界!

私の予想は

1位 山縣亮太

2位 サニブラウン

3位 桐生祥秀

4位 小池祐貴

5位 多田修平

6位 ケンブリッジ飛鳥

皆さんの予想はどうですか?

写真判定になるでしょう

4位まではリレー選手としてエントリーされる可能性ありです。

■13年以降の100m王者

13年 山縣亮太/1011

14年 桐生祥秀/1022

15年 高瀬 慧/1028

16年 ケンブリッジ飛鳥/1016

17年 サニブラウン・アブデル・ハキーム/1005

18年 山縣亮太/1005

19年 サニブラウン・アブデル・ハキーム/1002

20年 桐生祥秀/1027

上記の通り、山縣、桐生、サニブラウンが2回ずつ優勝している。

サニブラウン選手の体調とメンタルが気になる

迷いが出る年齢なので

自信と波に乗る山形選手がトップに立つと予想

過去の苦悩を乗り越えて最もメンタルが充実していると見ている

桐生選手は期待が先行して、重圧を乗り切る

メンタルが心配

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。