格子戸の隙間から覗く

毎年楽しみにしている

私の美術館

まだちょっと早かったかな

楽しませてもらう

自然の美術館

20度を超える暖かさに誘われて

サンドウィッチとレモンティーを持って

外で食べよう

青空と新緑の下で

お店は定休日

銀杏並木は新緑で眩しい

閉塞感漂うコロナ禍でも

心はいつも自由な空を

地上には薄いピンク色の花水木が

「私がついてるわ!」

「もう一踏ん張りよ!」

そう言って支えてくれる

琥珀色の時間が愛おしい

あなたと語った

未来のこと

希望の空へ旅立つあなたとの時間が

青空に溶け込んでゆく

あなたを追いかけようと

どうにもならない脚が恨めしい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。