「The very Thought Of You」

Scroll down to content

残された時間はそんなにないことに気が付かされ

今日一日ウィントンマルサリス親子の

スタンダード第3集の

The very Thought Of You」を聴きたくなり

ひたむきにトランペットで唄う

The very Thought Of You

寄り添うようにピアノを弾く父親

唄心あふれる演奏に

ジャズに目覚めた高校時代の初恋から

フリーになった俳優塩野瑛久の行く末まで

想いを馳せる

The very Thought Of You

この親子の間の取り方

行間の埋め方

ひたむきに

相手の内面までよく見極めながら

共演者、監督、カメラマンの意向を深く観察しながら

セリフの行間を埋めてゆく作業

マルサリス親子がジャズのスタンダードを

素直に味わい深く表現する

そのひたむきさに

人生の味わい、色合いの深さに

痺れまくる1日でした!

ただただ

ひたむきに

気を衒うことなく

昨日の俳優に目覚めた志村けんさんのように

引き算の演技

無駄のないストレートな響き

マルサリスのトランペットと

父親のピアノの一音一音が

心に響く

この一枚を

たとえ舞落ちた花びらのようであっても

心に残りますように

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。