サーブを打った後

相手はレシーブしているのに呆然とする伊藤美誠選手

右手にはラケットがない!

よく見ると審判の横に

ただただ呆然とレシーブを見ているだけという

とても珍しい瞬間を何回も再生してみました

伊藤選手のサービスは変幻自在

打つ瞬間にもカットサービスをロングに変えたり横回転を加えたりしている

この時はカットサービスに横回転を強烈にしたため

そのままラケットは下に落ちて、審判の左横に飛んでいったのだろう

ボールは相手の陣内に入って、レシーブが帰ってきた瞬間を

何枚かスクショしてわかった珍しい写真になったのです

貴重な一枚だと思います

呆然としてレシーブを見送った後

ニコッと笑った伊藤選手は

やはり只者ではない奇跡の一瞬を見せてくれる

卓球の魔人なのかもしれない

この試合にも勝って、決勝も勝つ!

エアー卓球の真髄ここにあり

チョレーイ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。