必死にもがいているあなたへ

Scroll down to content




全日本スケートの羽生君の表現力の豊かさに
俳優と同じ感性を感じて、同じ年代の瑛久と共通の
繊細さとダイナミックさを「天と地」音楽に乗って、上杉謙信の気持ちから
さらに踏み込んで
羽生結弦の芯を表現するという掘り下げ方に
深く感動しました
さらに奥深く掘り下げているのにも共通のアプローチを感じました
自分色とは何かまで表現しようとしているのです
難しい回転やステップを
自分の表現へと昇華している演技に
生きるということの定めや苦悩に
涙が止まりませんでした。
羽生君も控え室で音楽を聴きながら
一雫の溢れるものが頬を伝わっているのを発見して
しあわせとは何か
この瞬間なのかもしれないと
強く思う自分がいました。

椎名林檎さんの歌「命の扉」に合わせて

表現する塩野瑛久の映像にも

同じ感性を感じました。

年齢が同じ

来年早々1/3に同じ歳(26)になります

椎名林檎さんは扉と書いて「とばり」と読んでいます

美しいピアノに合わせて作成した(作詞とは言わずに)

シンプルだけれど

命のほとばしりを感じさせる歌に合わせて

自主練してる模様です。

同じ表現者として

ロミオ役に落とし込むだけでなく

塩野瑛久の生き様の色を表現しようとしている模様が

羽生結弦君の感性にも感じて

とても幸せを感じています



必死になってもがいている
あなたを想像するだけでも幸せです
生きている限り、悲しみや苦しみはつきまとうのですから
あの空の向こうに
共に感じ合える友がいることは
希望の灯
無限列車がビルの谷間を走るのを観て
僕たちはどこに向かおうとしているのか
天国か地獄か
どこへ向かおうとも
夢や希望に向かって
前を向いて進んでいくのみです。

心の中で手を繋いで

共に乗り越えてゆこう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。