Panasonicが28日に発売するRF-300BT-K

やはりDSPとブルーツース搭載、防滴、タイマー機能

デザインは機能的であるが

あまりにそっけない

FM10

AM10

ワンタッチで繋げる

10センチスピーカーで2ワット出力

ラジオには10センチスピーカーをよく使う

大きければ良いというのは間違い

音質の切り替えが付いてる

標準/音楽/ニュース/クリア/ソフト

快聴モードが売りだけれど人の耳はいい加減だ

人によって聞きやすい聞きにくいが飛び交うのは

人間は感情の動物だから

その幅を埋めようとするモード切り替え

そう頻繁に変えるのはめんどくさい

私なら音楽モード一択でしょう

そうすると人の声が聞きにくくなる

特に10センチも大きいスピーカーだと

スピーカーの大きさに飛びつく

シルバーはいるかもだけれど

耳の良い人なら

大きさでなく

それを鳴らす電源、コンデンサー、(メインアンプ)

プリアンプのデジタル化で

如何様にも出来るはず

ボックスとのバランスなどが

総合的に絡んでくる

密閉型、バスレフ型、パッシブラジエーター付きか

総合的にも

Panasonicはアンプも作っていたし

スピーカーもいいもの出していたので

この新製品は一度は聞いてみたい

ただこのボックスには愛嬌がない

我が同胞も笑ってる

単2電池4本はDSPなので仕方ないけれど

せめて充電できるニッケル水素電池を積んで欲しかった

キャリングハンドルつけてるのだから

家中どこでも気軽に置ける充電池付きに

して欲しかった

単3二本で動くラジオは非常用にあった上で

このラジオで音楽を楽しむのなら

毎日が快適だろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。