簡素でも咲かせようオリンピック

Scroll down to content

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

巨大化したオリンピック

突然の雷と夕立に

倒れそうになっている紫陽花

今の日本を象徴しているように

コロナという嵐の前に

風前の灯火に

私は思う

命のオリンピック

オリンピックの簡素化は

人類の祈願

今こそ

その時がきている

思い切った簡素化を

各国選手団の入場

選手団入場なし

これも代表旗だけで

最前線で今も戦っている

各国医療従事者

その代表と

各国選手代表の2名で行進

その後ろに選ばれた5人の選手のみが行進(五色の輪を持って、アレンジは選手に任せる)

中央のオリンピックの旗を囲む

中央に

オリンピック旗を掲揚

セレモニーの簡素化(出来るだけリモートアクセスで一通りのセレモニーを行う)

オリンピック代表は

自分が出場する競技の2週間前に来てチェックを受ける

中央に

オリンピック旗を掲揚

聖火入場

国威発揚になるような全てを省略

仮に収束していない国があっても

ワクチンが開発されようが

オリンピックは

全て

映像での放送に

質素でも綺麗に

この紫陽花のように

日本の心を咲かせてみよう

 

別名

よひらのはな(四片の花)と言うそうです

 

ひっそりと咲きかける紫陽花の別名にぴったりです

右の和菓子も食べてみたくなります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。