コロナの影響で

準決勝が4ヶ月伸びた

佐藤天彦との準決勝

6月2日午前10時に開始

目に慣れたとはいえ

何とも

息苦しさが漂う

対戦風景

こんな日は2度ときて欲しくない

そう思いながら

両者のマスクを見る

藤井八段の紐はゴムバンド

佐藤九段はガーゼ紐

マスク対決は

佐藤九段の勝ち!笑

ご存知の方は

ゴム紐は食い込んできて

痛くなりがち

その辺を読んだ佐藤九段は

前哨戦で勝ち

角換わり先手を取った

藤井七段は先手角換わりの勝率は高い

勝負の行方は

各自持ち時間4時間

午後8時にはわかるだろう!

PS

7:30までに決着しました

A1思考の一端を覗けたようだ

定石にこだわる従来の思考とは

コマの価値にとらわれる

どうしても徒弟制度の中で

そんな価値観を植え付けられている

駒の機能は

歩であろうと

飛車角であろうと

王様を追い詰めるのに

その価値の差は無い

同等なのだ

解説者達は

今飛車を追い詰めて

取れば勝負はつくと

盛んに解説するが

そんなことはとうに頭にはいってる藤井7段

悉く予想を覆して行く

それぞれのコマの有機的つながりを

化学分子の配列のように

繋げている

決勝は長瀬二冠との闘い

4日の闘いは興味津々

A1思考の真髄を見せてくれ!

囲碁をやっていた自分から見て

その柔軟性は素晴らしい!

大局から

ミクロの世界まで

見渡せる力は凄い

藤井時代は続くだろう

最低20年は見ていたいが

残念ながら命は有限

将棋は無限

藤井7段の宇宙は

限りなく広がる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。