残された時を刻んで

Scroll down to content

残された時を大切にしようと

ドイツのデザイン大賞を受賞したという

このクロックスピーカーを置いて

シルバーに優しい大きな表示が

お気に入り❣️

寸法:200*90*58mm

デジタル表示は設定がめんどくさい

説明書なくすとえらいことに

どうもこの時計には

ボタン電池が時を保持してくれるらしい

バッテリー切れで狂っても

タイムキーパー機能で

設定がいらないらしい

スピーカーはどうか?

これが後ろの4倍以上の値段のFender のブルツーススピーカーに

迫る音質にビックリ!

中高音のキレといい

どこからこの重低音が聞こえてくるのか

確かめると

両サイドに分かれてフルレンジが入っていて

後方のパネルの中央付近から

50ヘルツ前後の低音が間違いなく出ている

パッシブラジエーターを入れていないにもかかわらず

バスレフなんだろうと思う

早速これを使って確認

出だしのエリントンの高音のピアノのアッタック音

お見事

レベル最大30までのボリューム最大にしても

音割れなし

それに続くレイブラウンのベースの超低音まで

見事に再生してるではないか!?

オーケストラの広がりも

両サイドに分かれてステレオサウンドなので映画音楽にはもってこい

高いスピーカーでも最近は平気でモノラル

2、3メートル離れれば変わらないから

でも何故かこのサラウンド感がオーケストラには最適!

愛と悲しみの果て(邦題 OUT OF AFRICA)

ロバートレッドフォードとメリル・ストリープ共演の

アフリカの大自然をバックに

その大自然に負けないほどの

男女の愛が人間愛に昇華されている

アカデミー賞を総なめにした映画だ!

ジョンバリー作曲のテーマ曲を

後ろの4倍高いスピーカーを凌ぐスケールで鳴らしてくれる

これは超お勧め

リモコン付きが片麻痺の私にありがたい

その場で電源を入れ

FM放送に切り替えもできる(日本の放送帯に対応しているが、ワイドFMには対応せず)

アンテナはUSBケーブルを繋げばアンテナの代用になる仕組み、FMもステレオ対応だが

感度の良い場所ではノイズなく聞こえるが、ここでは地元のFM局と多摩FM、FM東京)

時計表示は一定時間で明度が落ちる仕掛けは寝室用にありがたい!

思いがけないお得感が

残された時を

しあわせ色に❣️笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。