オリンピックまで情報戦は続く!

Scroll down to content

卓球

世界野球が続いて

マスコミの盛り上げに

情報がダダ漏れ!

どうかマスコミは

敵に塩をやるようなインタビューやドキュメント、取材など

自重して欲しい!

特にメダルを争うような種目や団体競技

卓球は

予想通り

中国の情報収集能力と対策は群を抜いている

一党独裁による言論統制があればこそ

その壁は万里の長城(若い二人は壁の厚さを実感して気を落としているようだが、紙一重なんだよ!情報戦で負けただけ!だから一球一球に

喜びすぎてもダメ!  明日は我が身だということを自覚して冷静に!ガッツポーズも抑え気味に

その過度な緊張が1ミリの世界を狂わせる!その点中国の若手選手の方がポーカーフェースで

脳神経の緊張を上手にコントロールしているよ!伊藤選手の最終セットでの10点先行した時の拳を突き上げるところから、4ポイント奪われての敗戦はそこにある)

脳神経細胞をコントロール!

全てのスポーツに共通する

半年に渡るリハビリを通して実感する

民主国家日本は

情報ダダ漏れ状態

逆に

サッカーやバレーの解説者は

選手を褒めすぎ

もっと客観的に、

時にはもっと厳しい批判を

資本主義経済は

選手の価値が上がれば

スポンサーもつく

選手のCM価値が上がれば

競技以外の収入が増える

知名度のある俳優は

年間CMだけで1億5000万

3ヶ月単位のCMだと、2、3千万らしい!?

だから選手は愛想良くベラベラ喋ってしまう!

伊藤選手や平野選手は要注意!

昨日世界野球(プレミアム12という名称は世界ソフトボール協会が球数制限なし、MLB選手の除外

などを基準に作られたもの)

早速昨日の立役者今永投手に勝因を質問した記者は

断われていたが

今日の記事にこんなことが

「前日のアメリカ戦で嫌な敗戦を喫した翌日、プレミア12のスーパーラウンド第3戦・メキシコ戦で先発の今永昇太(横浜DeNA)と捕手の會澤翼(広島)は、1回表から大胆な配球を仕掛けた。好調の1番・ジョーンズ、2番・ペリオ、3番・キロスに対し、いずれも初球を緩い球で入ったのだ」

こんな風にダダ漏れ日本のマスコミ

全てがこんな調子では

オリンピック前に情報戦で負けるよ!

言論の自由が

自分で自分の首を締めることに

オリンピックまではそこのところ

マスコミにお願いしたい

核心を外した情報を

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。