西八王子駅南口駅土手に植えてある花々

ボランティアで四季の花を楽しませてくれて

本当にありがとう

私と同じくらいの素敵な女性に会ってから

いつもこの土手の植え込みを見る度に

思い出す

心の年輪が醸し出す

そのオーラが素晴らしい

そしてこの花を見ながら

何故か

Chet Bakerが浮かんでくる

確か日本公演が

人見記念講堂でのライブがこのCDに収められている

中性的なボーカルとマイルスのクール時代を彷彿させるトランペット

きらびやかなトランペットが嫌いだった

そんな自分を虜にしたチェットのペット

疲れた心を癒してくれる

チェットはこの日本公演の翌年に

58歳でこの世を去った

若い頃のCHETはジェームスディーンばりのフェイスで

女性ファンも多かった

このCDはよく聞いている

晩年は彼の音楽性が評価されて

結構予想外の人との共演をしていて楽しい

昔の面影は薄れたけれど

やはり彼のボーカルとペットの音色は

秋色深まる

こんな季節にピッタリだと思う

チェットの「枯葉」を静かに聞いていると

美味しいコーヒーと

クレープアンのパンプキン生クリームが食べたくなる

人生の深い味わい

どちらも誰にも真似できない

奥深さが

人生の喜びを引き出してくれる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。