『Re:フォロワー』

Scroll down to content

いつの間にか

お店の前に

たくさんの実がついている

重さで折れそうなくらい

たわわに実る

作品も同じ

どこに光をあてるか

どこに栄養を注ぐか

現在進行中の

連続ドラマ

『Re:フォロワー』

2年の歳月をかけて創られた脚本

この台本の厚さを見ればわかる

まして監督をやりながらの撮影と編集

現場に機材を持ち込み

台本のシーンを確認しながら

ドンドン突き進める

舞台と違って映像の世界は

舞台セットなしに現場がセットとも言える

こうやってスタジオでなく

物語のストリーに合わせて

背景を選び撮影する

現場主義

現場が命

現場が全て

この現場から

何を感じ

台本に厚みをつけるか

脚本と監督をこなす

西田監督のエネルギーは

凄まじい!

台本を見れば

終盤に差し掛かっているようだ

10月5日(テレ朝深夜2時30分)から始まる

『Re:フォロワー』への期待は

日に日に増して行く

全10作品は

一つ一つ

実をつけて

今にも折れそうだ!

生まれ変わったら

映画監督をやってみたい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。