フルサイズミラーレスの時代へ SIGMA f p登場!

Scroll down to content

シグマが発表したフルサイズミラーレス

SIGMA f p

この重さこのコンパクトさに驚く

中に見える巨大なセンサー!

f1.2の単焦点35ミリレンズが19万円

超大口径F1.2を実現した単焦点レンズ「SIGMA 35mm F1.2 DG DN」。190,000円

雲の上の話

私のRICOH GR IIIは

緑のAPSCセンサー

ほとんどのスマホやコンデジは

ピンクの1番小さいやつ

フルサイズの大きさがよくわかる

大きければ大きいほど

光をよく集める

そうなればダイナミックレンジは人間の目に近づける

暗所での人間の目と同じくらいの感度になる

しかし集めた光を増幅できるデジカメ

それがエンジンの役目

だから巨大化すればいいわけでなく

表現者にとって増幅してノイズが出ても

それが味だよ!

そういう人もいる

そこでどの辺までの

センサーが満足度が良いのか?

価値観は変わる

私も程よいサイズは(紫のセンサー)

1インチではないかと思っていたが

でもその上のAPSCセンサーを積んで

胸ポケットに入り、片手で扱える

RICOH GR IIIを

発売からここまで使って

その解像度とダイナミックレンジの広さに

痺れまくる

手ぶれ補正も入って

失敗が激減して

片麻痺でもそこそこ満足する絵が出てくる

少し残っている

ミラーレスを売って

金欠状態を脱しようと思う

レンズや本体を集めて

お金に変えることにする

最終的にはRICOH GR IIIを夏祭りまで使って

下取りが高値の時に処分しようと思う

残念だけれど

背に腹は変えられない

西八王子店は

八月に10日くらい長期間休みを取らねばならない

ここまでの疲れと秋に備えて(いちょう祭り)

英気を養ってもらうために

フリーランスとして働いてもらっている

パティシエの店長との約束だから

彼女は精一杯やってくれて

心から感謝している

私のブランドのイメージをそのまま受け継ぎ

発展させてくれている

素晴らしい

ブランディングパートナーだ!

7月8月の売り上げは

毎年落ち込むので

そのために売れるものは売って整理しよう

ある意味

終活している様なものだけれど

今の私!

整理しようにも

ほとんどがゴミの山だから

何も残せない

残されたのはブランドだけ

悲しいかな!?

ジャニーさんの様なわけにはいかないのが悲しい

タレントの何人かは出て行っても

資本を担保する

実質財産がある人は

無敵だ!

なんやかや言われても

ジャニーズ帝国は不滅です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。