ほんの束の間の雲の切れ目に

青空が覗く

そろそろ食料もそこをつき始める

いまだ!

早速アルプスへ

帰りには

RICOH GR IIIを手に

水玉を撮りに

名写真家達が表現する水玉の神秘を探検に

手前のボケから奥に続く

水玉の面白さに

のめり込む

難しい!

でも自然が作り出すアートに

酔いしれる

より美しい

水滴を見つけ出す

面白さ

それを見つけ表現することの難しさ

かなりストイック!

水玉にも様々な表情がある

今にも落ちそうな水滴は

何故か

儚げで美しい

あった!

水滴を引き立てるために

少し露出を絞る!

マクロで寄る!

これだ!

水晶のような輝きが

奥の奥の方に発見!

タイトルの写真は

同じ水滴でも

こんなにも違いが5ミリほどの

小さな小さな水玉でも

RICOH GR IIIのセンサーは

見事に表現してくれる

6センチマクロの表現力に

改めて

感動する

まだまだ美しい光景を見つける

その写真は

後日に

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。