モンスターはいるか?

Scroll down to content

イギリス・スコットランドのグラスゴーにて、

明日日本時間早朝4時に行われるボクシング試合は歴史に残る

ビッグマッチになる

日本のテレビ放送はWOWWOWだけなので

目が覚めた時は

試合がおわってるだろう

どちらも負け知らず無敗の王者

世界3階級制覇王者

井上尚弥(大橋/17戦全勝15KO/26歳)

IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ/19戦全勝12KO/26歳

12KO/26歳)

どちらもハードパンチャー

予想してみたい

判定になって

井上が判定勝ち

どちらもアマチュア歴が凄い!

100戦以上の歴戦の中で

ボクシングに必要な技術的なものは

どちらも100点

ややスピードとパンチ力と正確性で井上が上回る

フットワークも井上の方が早いように思う

パンチを出した時の

足の踏み込みの力強さは井上

ステップでかわす早さも井上

どこを取っても穴がない

テクニック以外の部分が

勝利につながる

それはメンタル

ロドリゲスは

井上の70秒で決着をつけた試合を

見ているはず

パンチを受けた時

その恐怖が過ぎるに違いない

あの時の衝撃は

いまも目に焼き付いている

勇気を出して見ると

井上選手の左のストレートパンチが

当たった場所に

すかさず正確に右を当てていることがわかる

左はジャブではない

あれはストレートだ!

その左ストレートで

そのパンチの威力で

右を避けきれなかった

実際に受けたスパーリングパートナーが

言ってるように

右はもちろん強いが

左ストレートだけで

気を失いかけたと言う

井上選手の成長は

その左ストレートなんだと思う

アマチュア時代から

全てを教えてきたのは

父親だと言う

メキシコの選手で

ジョーメデルと言う選手が好きな私は

左は世界を征服すると言われて

ジャブと勘違いするトレーナーが多いが

ちがうんだよなー!

目にも止まらぬスピードで

左ストレート放つロープ際の魔術師

ジョーメデルこそ私の大好きな選手だった

左ストレートを打たれて

右への警戒をそらされて

見た目は追い込まれても

右ショートフックが炸裂

ロープ際に追い込んだ側が

崩れてゆくシーンは

ボクシングは芸術だと思わせた選手

きっと井上尚弥のお父さんは

その芸術を教えているのだと思う

力ではない

スピードとテクニック

そしてディフェンス

どれをとっても井上選手が

上回っている

判定に持ち込んでも勝つ余裕を持ちたい

今回の相手は倒そうと思わない方が良い

スピードで勝負して欲しい!

両者とも26歳

円熟期

世紀の試合になるでしょう!

モンスターはいる

そう確信させる

開始70秒のドラマを

よーく見て欲しい

同じ箇所に正確に当てている

井上選手の凄さ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。