アルプスへ買い物に行く途中

夕暮れ時

風が吹き始

団地のビル壁に当たって

チューリップが揺れる夕暮れ時

チューリップほど原色が強すぎて

表現の幅がない花はないと個人的には思ってる

そこへ

一輪だけ花弁が一枚倒れて

雄しべ雌しべが見える

好きな色のチューリップが目に入る

何だか秘密を見たように

目が釘付け!

どこまでやれるか

RICOH GR III

粘りに粘って

執念の一枚を

6センチマクロで粘る

揺れる花弁のボケと

雄しべと雌しべを浮かび上がらせようと

20枚くらいシャッターを

1/3位は狙い通り!

美しい!

幸せの花に出会って

満たされる心

ここまで寄れて止めることができる

ISO 400 1/100秒 f2.8 +0.3

このボケはコンデジでは到底出せない

一眼デジカメでも

揺れている花弁をここまで止めて見せるのは大変

9

流石に上から覗き込んでの撮影は無理

それでも花粉が映る

全て片手撮り

RICOH GR III

潜在能力は凄い!

重さ全て込み257グラムは

片麻痺の私にはありがたい存在

お店の暖簾もクッキリ!

新芽が出始めた木々のシルエットも美しい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。