タイトル「空と雲と自転車と」

一本の木が雲と自転車を吸い込んでいるようなメルヘンな世界

起動が早くて持ちやすいRICOH GR III

過ぎ去る自転車を

見事にスナップ

使い込めば使い込むほど

気に入っている

FUJIFILMXF10のレンズキャップは

スナップの障害になる

オートレンズカバー式RICOH GR IIIは

とにかくこれだという瞬間を逃さない

慣れないうちは逃していたが

慣れれば最強!

下取りに出して正解

更に最強の二台を合わせてやっと手に入れる

犠牲が出ても

今の所後悔なし

FUJIのフィルムシュミレーションに

匹敵するイメージコントロールは

ライカ的な絵作りから

フジのシュミレーションまでカバーできる

只マクロモードがダイヤル上のため

グリップした親指がいつの間にか押している

だからいくらやってもピントが定まらない

なんということない

マクロを押していたのだ(電源オフにすれば解除できれば良いのだがそうなってない)

極度な老眼のため

マクロマークが小さいので

液晶確認がまともにできない

もう一つの問題は

巷でバッテリーの持ちが極端に悪いという短所は

解決する!

バッテリーパックと

互換バッテリーが手に入る

二台同時充電器付きで1699円

バッテリーパックより軽い

互換バッテリー

もともとオリンパスのものだが

GR III専用DB110対応になっている

前者が1350ミリアンペア

後者が1600ミリアンペア

大は小を兼ねる

これは嬉しい!

みんな悩んでるので

99

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。